2006年11月25日

自己イメージアップ!

以前にも、記事で、

自己イメージのいい人が、

他の人にやさしくできる、というような内容のことを書きましたが、

今回も、もうちょっと書いてみたいと思います。




自己イメージが悪いと、

前回書いたとおり、

他人の言動が、どうも悪く捉えられがちです。




そうですね〜、何かいい例えはないですかねぇ・・・。


うーん、たとえば、

遅くまで残って、仕事でも勉強でも何でもいいですが、

何かをしていたとしましょう。



そこへ誰かがやって来て、

「え?!まだやってたの?!」と言ったとしましょう。



この時、自己イメージがいい人は、

その人が、自分のことをほめてくれていると感じるはずです。


まぁ、ほめるまではいかなくても(^v^)、

あぁ、自分のことをねぎらってくれているんだなぁ、と思うと思います。



ところが、自己イメージが悪いと、

あ、注意された、と思うでしょう。



これって、

どこかで、自分はよくがんばって一生懸命やってるんだ、

っていうふうに思っているのか、

自分は、何かするにもこんなに遅くまでかかってしまうちょっと劣っている人なんだ、

って思っているのかで、

違ってきますよね(^v^)。



自分はいい!と無意識に思ってる人は、

やっぱり、人の言葉も、自然と善意に受け取ると思いますし、

ちょっとくらいいやなことを言われても、

なんだか、冗談を言っているように聞こえて、

気にならないものですよね?



自分は、だめだな〜と無意識に思ってる人は、

他の人の言葉も、いいようには受け取れないと思うんです。

いいことを言われても、

お世辞に聞こえてしまうと思うんです。




で、なるべく自己イメージはよくしていたいですよね(^v^)。



それで、考えてみましたが、


じゃあ、どうすれば自己イメージがよくなるのかなぁ・・・と。




そしたら、やっぱり、

日ごろから、自分でも自分が好きだ、

と思えることをしたり、思うことが、

即自己イメージにつながると思いました。




前回書いたように、

誰かを怒ったり、憎んだりすると、

そんな自分は、あまりいい人ではありませんし、

そんな自分を好きな人って、たぶん、少ないと思います。



もちろん、思ってしまった後は、

仕方ありませんから(^v^)、

そう思ってしまった自分を許してあげて、

忘れさせてあげたらいいと思います。



この時、自分を許さないと、忘れられないと思います。

ますます、悪循環が始まります(^v^)。



気づかない罪悪感があると、

人って、どこかで無意識に、他の人を攻撃することがあるみたいです。



私は悪くない!という思いのようなものでしょうか。

あなただって、悪いのよ!!


っていう感じでしょうかね?



またまた話が脱線してしまいましたが、

そんな自分でいるよりも、

誰もが、心の優しい人でありたいと思うだろうし、

心の強い人でありたいと思うものだと思います。



それには、

自分で考えられる、いい自分を積極的に、

行動や、言葉を使ってあらわしていけば、

結果として、そういう自分が事実として、残ります。



別に努力して思いを創り出していいと思うんです。

それでも、そこにちゃんと思いがこもってることには変わりはないので、

私は、それは真実だと思います♪




これは、空想じゃなくって、

現実だから、

くつがえせないものなんですよね。



そうすると、自分のイメージって、

どんどんよくなってきます。



だから、自分にとって、いいと思えることをすればするほど、

自己イメージが上がっていって、

ますます、いいことができるようになって、

とてもいい循環になっていきます♪



もちろん、途中、いろいろありますけどね(笑)。



それでも、自分が、こういう自分はいい自分だと思う自分の言動をとっていたら、

やっぱり、いい方向にちゃんと進んでいきます。

ここは諦めず、コツコツと、っていうところでしょうかね(^v^)。





そう、そして、私は思うんですけど、

「そうじ」って、

すれば、しただけ、綺麗になるじゃないですか。



これって、自己イメージをあげる、

めちゃくちゃいい方法なんじゃないかな〜って思います♪



部屋や家が綺麗になる、

自分ももちろん、気持ちがすっきりします。


そして、自分が空間を綺麗にした、っていう事実が残ります♪



今すぐできる、自己イメージアップの方法なんだなぁ〜と思います(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 17:45| Comment(25) | そうじ&人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

心の見えないところ

前回は、見えない所の汚れについて書きました。


今日は、心の見えないところについて書いてみようと思います。




お部屋の見えないところと似ていて、


心の見えないところにも、


実は、ゴミみたいなものがあったりします。



お部屋とおんなじで、

心の中の見えないところにゴミがあると、

当たり前ですが(^v^)、

もやもや、すっきりしない状態になります。



「こんな風に思ってはいけない」



そう思うことって、

たぶん、誰でもあると思うんです。




だけど、あんまり思ってはいけないことでも、

思う時って、当然ありますよね?




そうすると、

人間って、無意識のうちに、

自分の見えないところに、

こっそりその感情を追いやってしまうんですって。



そして、これが、なんだかよくわからないけど、

すっきりしないなー、ってな状態を作り出すわけです。




お掃除をしているとですね、

そういうものがあぶりだされると言うか、

汚れと面と向かって、

それを取り除いていくからすっきりするんですよね。




なぜなのでしょうか、

心と行動って、見えない何かでつながっているみたいで、

そういう行動をとっているうちに、

自分の心と向かい合うことができるようになってくるんですよね。




汚れは毎日溜まるものですよね。



放っておいたら、どんどん、どんどん、溜まっていきますよね(^v^)。




どうやら、心の汚れも、

それにちょっと似ているみたいです。



目の前に起こる出来事に、

埃のついたメガネで見るような感じ、

とでも言いましょうか。



ほうっておくと、

同じ出来事でも、

なんか悪いほうに捉えてしまうふしがあるように思います。



たとえば、

誰かが、元気がなくって、

受け答えも、あいまいな感じだったりしたら、

それが、どうも自分に対してあんまりいい感情を持っていないんじゃないかな?

と思えたり、というような感じです。



自分が心の奥に持っている感情が、

そのまま、ほかのものに投影されるんだそうです。



だから、見えないところに押しやられてしまった、

自分の感情もしっかり見て、

無意識から見つけ出してあげるといいみたいです。




たとえば、の話ですが、

誰々ちゃんのことを、いやだな〜、憎たらしいな〜と思ったとしましょう。



でも、そんな、「憎たらしい」だなんて、

そんなこと思ってるなんて思いたくないわけです、

どこかでそう思ってるわけです。



頭の上では、誰々ちゃんは、

まともな人だし、

そんなに嫌うほどでもない、と思っていたとしましょう。



だけど、いやなことされたら、

やっぱり、いやなわけです。



傷ついたりなんかしてるかもしれません。



だけど、自分の意識上では、

自分はそんな些細なことで傷ついたりするはずがないと思っているかもしれないです。


ものすごーく腹が立っているのかもしれません。




こういうネガティブな感情って、

あんまり認めたくない感情だと思うんです。



と言うか、

そう思ってしまう自分でいることで、

何か不都合があるからなのかもしれないですね。



よくあるのが、

子供が親に対してのケースです。



親から虐待されたとしたら、

子供は、親から愛されないと生きていくことができないので、

そういう感情を無意識の中へと抑圧しようとするみたいですね。



だから、本人に気づかれないうちに、

そ〜っと、無意識に追いやっちゃうらしいです。



でも、その無意識に追いやられた感情は、

なくなってしまったわけじゃないんですよね。



ちゃんと、そこにあるので、

時々、その影がちらちらしているんですよね(笑)。



なんとなく、よそよそしい態度になったり、

なぜか、いやなことを思わず言ってしまったり。




でも、ご安心を(笑)。



その自分が辛かった思いを、

自分で、こんな思いだったんだなぁ・・・・、


と、見つけてみてください。



あ、でも、その前に。



いけないこと、と思ったまま見てしまうと、

さらに辛いと思うので、



その前に、まず、思ってしまうことは、

人間だから、当たり前のことだし、

それは、埃が毎日溜まるのと一緒のようなことだと思うし、

どんなにいい人だって、

悪い思いが一切出ない人なんていないので、

それが普通だ、ってことを知っておいてくださいね。



自分が何をどう感じるかだけは、

誰がどうこう指図することではないですからね。



その上で、

あぁ、自分はこう思ったんだなーと、

他人事のように見てください。



他人事のように見るのがポイントです!!



これをそのときの感情にまた舞い戻って、

どっぷり浸かると、

えらいことになりますので(^v^)。




本当に、自分が何をどう思うかだけは、

自分自身で決めることができますからね。



今、この一瞬だけ、

楽しかったことや、うれしかったことをちょっと思い出してみてください。




って言われたら、

たぶん、できると思うんです。



おんなじように、

今、辛いことをひとつ、何か思い出してみてください。

って言われたら、

何か考えつくことができると思うんです。




すみません、話があちこちに散らばりまくってしまってますが(^v^;)、

今この瞬間の気持ちは、

自分で決めることができると思うんです。



それで、

どこかにあった、

マイナスな感情は、

いけないものとしてではなくて、

自分が過去に思ったものとして、

受け止めてあげてほしいな、って思うんです。



それで、自分を安心させてほしいと言いますか、

そう思ってしまった自分にも自分なりのいい分があると思いますし、

それにも、しっかり耳を傾けて聞いてあげてほしいな、って思います。



冷静に、

そう、いけないんだよ、じゃなくって、

冷静に、どういうことなのかな?という感じで、

聞いてみてもらったらいいかな、と思います。



そうすると、

なぜか、お掃除したときみたいに、

なかなかすっきりしてくると思います。



ポイントは、

自分の今の気持ちは、自分の自由になることをよく思い出して、

ほかの誰にもコントロールすることができないってこともしっかり頭に入れて、

自分は、本当はどんな気持ちでいたいのか、を考えること。




そして、他の人の気持ちを見るみたいに、

そのときの自分の気持ちを見てみる、ってことです。



自分で、自分を受け入れられると、

器が広がります(^v^)。

他の人も受け入れてあげられます。



ああしないといけない、

こうしないといけない、

と自分に厳しい人には、

他の人にも厳しい人が多いように思います。



もちろん、それはそれで役に立っている部分もけっこうあるので、

それもひとつの個性ではあると思います(^v^)。



でも、もっと楽に生きて、

他の人が楽に生きられるようにする、というのもありかな、と思います。




お部屋と一緒で、

時々、自分の心の、

見えていないところに目を向けるのも、

いいかもしれません(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 20:20| Comment(20) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

見えない所のゴミ

以前の記事で、

私は、お風呂でトリートメントを髪の毛に吸収させている時間に、

やることなくて、暇なので、

お掃除することにしていると書きました。



前の家では、

主に、排水溝のふたを歯ブラシでピッカピカ!に磨くのが好きで、

ピカピカ☆させていたのですが、



引っ越した先の今の家のお風呂の排水溝は、

ちょっと見えにくいところにあって、


しかも、

磨いても、あんまりピカピカにならないんですよ(^v^)。



で、そのふたの中も、

とっても見にくいんです。



で、いつものように、磨いているんだけど、

なぁ〜んか、すっきりした感じがないなー・・・、と思っていたら。



ふたを開けてみると、

しっかりゴミが溜まっていました〜。



で、ゴミを取り除いてみたところ、

やっぱりすっきりしました(^v^)。



見えにくいところにあるゴミが、

なんとなく、その場所の雰囲気を下げていることってあるような気がしました。



どっかの会社の経営コンサルタントさんかなんかは、

机の隙間に、

爪楊枝の先を入れて、

埃が溜まってるかをチェックするのだそうです(^v^;)!


わお〜、そんなところまで・・・?!


私は、正直、強烈にびっくりしました。



でも、でも、それが何かお部屋の雰囲気とかに影響を与えているらしいです。


だとしたら、

やっぱり、自分のお部屋もちょっと、気持ちよくしたい!

っていう時には、

目に見えない所のお掃除をするといいかもしれませんね。



どうもここんところ、調子が悪くて、ぱっとしない、って時は、

そういうのがいいのかな、なんて思います♪



もちろん、目に見えるところを掃除すると、かなり感じは違ってくるのですが、

それでも、なんか、すっきりしないなー・・・、っていうときがあると思います。


そんなときは、ちょっといろんなところに目を向けてみるのがいいのでしょうね。


で、ちょっと、やり始めると、

どんどん、いろんなところの汚れがちゃんと目に付くようになって、

加速していきますよね(^v^)。



あ、でも、時間がない時や、

疲れている時は、

簡単にできる、小さなところだけでもOKだと思います!


そうじゃないと、

なかなかやる気が出ないですよね(^v^)。




で思ったのが、人間の垢みたいなものなんでしょうね。


人もお風呂に入ったら、

「さっぱりして、あ〜いい気持ち。」って思う、そんな感じなんだと思います♪


そして、やっぱり、物がすべてクリーンな状態(ほこりが、雑巾とかで取り除かれている)の部屋が

やっぱりいちばん気持ちがいいものなんだろうな〜って思います。


私も、そんな状態の家をめざしたいと思います(^v^)☆
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:12| Comment(17) | そうじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

1に捨てる、2に捨てる、3,4がなくて、5に捨てる

このたびの引越しで、

私は、荷造りするとき、

ほんと、もう、どうしていいのかさっぱりわからなくなってしまいました。



いや、ただ、荷物をダンボールに詰めたらいいのですけどね(^v^)。



だけど・・・、


私は、整理整頓がとっても苦手で、

正直、どこから手をつけていいのかわかりません。


途方に暮れました(笑)。



だって、いろんなところに、

いろんなものを置いていて、


それを探すと思うと、


そう思っただけで、もう、なんだか憂鬱です(笑)。



いったい、どこにしまったっけな・・・・。



はぁ〜、いちいち思い出せないよー。



でも、タイムリミットがあります。

時間はどんどん過ぎていきます。



ほんとに泣きたい気持ちでした。



というわけで、

前にも書きましたが、


このままでは、埒が明かない!と思い、


整理・整頓の本を読んでみよう!


といろいろ読んでみることにしました。




そして、以前、自分の日記にも書きましたが、

整理・整頓の本で共通して言われていることは、



そうじ力の本でも言われていることですが、


「捨てる」



ということでした。



前にも書いたとおり、

私、もったいない・・・、と思ってしまって捨てられない人でした。



そして、本によく出てくる人の例に私も漏れず、

「いつか使うときのために・・・」と思って、

物をとっている人でした。



だけど、確かに、そう思ってとっていても、

ここ何年か、一度も使っていないものはたくさん!あります。



これがどんだけ、場所を使っているか・・・。



たしかに。

スペースは限られていますよね。



そして、心地いい暮らしって、

何にもない空間があること、なんですって。


これには、私も納得、です。



何にもない空間があるからこそ、

なんか広々した気持ちになれて、

気持ちいいですよね。


落ち着きますよね。



家って、私たちの原点じゃないですか。


そこに帰ってきて、

そこから出発する。


エネルギー充電の場所だとも思うんです。



やっぱり、そこは、自分にとって、

気持ちのいい場所であってほしいし、


何より、やっぱり、エネルギーを充電できる場所にしたい、と思います。



そんなのに、納得して、

捨て始めました。



だって、引越しの日のリミットも近づいてたし、

これを分類して、頭を使ってたら、

はっきり言って、間に合いません!!



で、私が使ってる机に取り掛かってみたら、

なんと、5時間もかかったんですよー。


う〜ん、なんとも言えません!!



そんなわけで、洋服も、着ないのたーっくさんあって、

つまり、いつか着るかも、と思って、

着ないのが半分くらいありました(^v^)。



ちなみに、前の家は、実家を借りていたので、

処分ははっきり言って、

まだできる心を持ち合わせていなかったため(情けないのですが^v^;ゞ)、

母親に、「これ、捨てといて」とお願いいたしました。



それと、本当に使っていないものってとってあるんだな・・・、

って思います。


でも、こういうのが多くなると、

どうなるのかと言うと、



私がとってるメルマガにあったので、

ちょっと引用しようと思います。


【開運の決め手!】星のお告げで暮らしを変える
http://www.mag2.com/m/0000133593.html

からです。

【住まいが引き起こすいろいろな悪いこと】

  1. 持っていると疲労感を覚え無気力になる

  2. 過去の呪縛を溜め込む

  3. 体の働きを滞らせる

  4. 体重に影響がある

  5. 混乱の素となる

  6. 人々の対応にも影響を与える

  7. 何ごとも延期しがちになる

  8. 不調和が起きる

  9. 自分を恥じるようになる

  10. 人生の展開が遅くなる

  11. 気分が鬱になる

  12. 超過荷物になる

  13. 感性が鈍り人生の楽しみを味わうことが出来なくなる

  14. 余分な掃除を強いられる

  15. 健康に悪く、火事の危険性を招く

  16. 好ましくない信号を発する

  17. お金がかかる

  18. 大切なことに頭がいかなくなる


などだそうです。

ちなみに、持ち物の8割が死蔵品で、

2度と使わないものなんですって。



器に対してものが多すぎる、

と書かれてありました。



だいたい、私が読んだ本にもこういう内容が書かれています(^v^)。



ほんと、自分の手に負えなくなってしまうんですよね・・・。



思いましたもん、

こんな目に遭うくらいなら、

物、もらうんじゃなかった・・・、って(笑)。



最初は経済的に、

あんまり豊かなほうじゃなかったから、


もらえるものはもらっておこう!


って思ってたんですけど、


不便さだとか、

自分の気に入らないもの、

っていうのが、

どうもストレスを生んでるような気がしました。


最初は安いから、という理由で買ったものでも、

不便だから、

結局は買い換えないといけなかったり、

壊れやすかったり、

使い物にならなかったりなどで、

余計にお金がかかります。




だから、安いからっていう理由だけで、

いろいろ考えないで、買ってしまうと、

お金をどぶに捨ててるようなものだなー、と思いました。


もちろん、安くても、

ピッタリな役に立つものもありますよ(^v^)♪


だから、買うときもとっても慎重です。



本によると、

買うときに、必ず、自分の家の収納のことを考えて、

置き場があるならOK、

なかったら買わない、

とあったのですが、

ほんと、その通りだな〜、と思います。


今まで、そんなことは考えていませんでしたー。




それに、物が少なくなると、

なんと言っても、

管理がとーっても、楽!です。

ほんっとに楽なんです☆



引き出し開けても、

あるものが、ちょっとなので、

探しません♪


すぐに見つけられて、

すぐに取り出せて、

快適、快適♪♪


ほんと、快適です♪


以前は、いっぱい、使わないものが入ってましたからね〜。


なんかごちゃごちゃしてて、

頭も無意識のうちに使ってて、

小さな疲れを感じていました。



だから、物が少ない、ってことは、

やっぱりいいことですね〜。



ちょっと、あちこちに話が広がってしまったような気がしましたが、

とにかく、持ち物を減らすことが、

整理・整頓の要、みたいです!



すっごく簡単に整理できるようになります。



インテリアも、

すっきりいたします♪


そして、無駄遣いもなくなります。


無意識のストレスだって減りますよ♪



たぶん、捨てるお話はこれからも、

何回も登場しそうですが(^v^)、

ちょっとでも、

捨てることが、心地よく暮らす秘訣☆ということが、

わかっていただければ、幸いに思います♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:47| Comment(19) | そうじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

便秘がちなあなたへ

こないだ、たまたま、旦那の実家に帰った時に、

旦那方の親戚の話を聞いたのですが、

その人は、90代のおじいちゃんで、

昔から、便秘がちだったそうなんです・・・。



あ、すみません、

お食事中の方は、

これから先は、読まないでくださいね(^v^)。

くれぐれも、よろしくお願いいたします。




で、便秘がちな90代のおじいちゃん。

もうお年もお年なので、

ふんばる筋肉も衰えてしまって、

ふんばれないそうなんです。



で、あるとき、便意を催しまして、

用を足したわけなのですが・・・・、



一応、用は足したのですが、

おしりも綺麗に拭いたのですが、



ちゃんと、拭けてないと言うか、

途中で、止まってて、

う〜ん、難しい!

どう表現したらいいのでしょうか。



途中で止まってる、でわかるでしょうか?



そうですね、

まさに、途中で止まってしまって、

出口が閉じない状態だったそうです・・・。



それが、だんなの実家だったからよかったものの、

とにかく、くさくて大変だったそうです。



で、新聞紙を広げて、

みんなで、一生懸命、取り除いたそうです・・・。



ごめんなさい、私、しょっぱなから、

何を話しているのか?

と思われている方が多数いらっしゃるかとは思うのですが(^v^;)、



今日、わたしは何が言いたいのかと申しますと、

この話を聞いて、

やっぱり、便秘って怖いんだぁ・・・、って思ったんです。

便秘がちだから、きっと、

便が硬くて、そうなってしまった、というのもある気がしたもので・・・。



と言うか、

私自身、ふんばることが滅多にないので、

便秘って、やっぱり怖いなぁ・・・、って思ったのでした。



で、けっこう、便秘がちな人も多いというのを聞いたりします。



そこで、

今日は、ちょっとでも役に立てば、と思い、

こんな記事を書いていたりするわけです(^v^;A)。




私は、子供のころは、

大のほうをするのが、すっごくいやでいやで、

便意を催しても、とっても我慢していました。



自ら便秘にしていたようなものですね(^v^;)。



で、一緒に暮らしていたおばあちゃんが、

私のことを便秘で悩んでいると思ったのでしょうか。



あと、おばあちゃんがもしかしたら、

便秘がちだったのかもしれません(^v^)。



「便秘にならないためにはね、

毎日、出なくても、

トイレで座る習慣をつけたらいいんだって。」



と教えてくれました。



だけど、その時、私は、とにかく子供で、

いかに、大のほうをせずにすむかを考えていたので、

もちろん、そんな習慣をつけようなんて考えはこれっぽっちもありませんでした(笑)。



が、大きくなるにつれて、

健康な人は、毎日排便をする、というのを学校で習ったりするようになります。

そのころには、

私も成長しておりまして(^v^)、

排便の重要さも習っていたりなんかしたので、



そうなのか!

と思って、

子供の頃に聞いた、

おばあちゃんの教え(?)を実践してみたりなんかしました。



特に、便意がなくても、

トイレに座ってみる。



すると、すると、

やっぱり、長時間座っていると、

腸が活性化するのでしょうか?



ずっと続けていると、

不思議と、便意を催してくるんですねー。



あと、この言葉とセットになっていたおばあちゃんの言葉ですが、

「したい、と思ったら、我慢をしたらだめなんだって。

 すぐにしないとだめらしい。」



というものです。


これも私、実践しました。



それが習慣になったころからでしょうか、

本当に、ふんばる、という事がなくなったように思います。



スムーズに、自然に出てくるようになりました。



というわけで、

毎日、出ない方は、

毎日、ちょっと時間を作って、

トイレに座ってみる習慣をつくられてみては、

いかがでしょうか?



最初は、出ないかもしれませんが、

続けていると、

だんだん、それがちゃんと癖になってくるような気がします。


実際、私が、そうだったように思います。



便秘がちな人でも、

出るときは出るので、

毎日、習慣にして続けていたら、

ちゃんと、体が、トイレに座る=出す というのを、

覚えていくような気がいたします。



一度、やってみてください。




たまたま、ちょっとこんな話をこないだ聞いたので、

これもなんか書いたほうがいいような気がしまして、

今日は書かせていただきました(^v^)。



まぁ、知ってらっしゃる方は、

そんなのとっくの昔に知ってるよ、と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、

知らなかった方のために、

ちょっと書いてみました(^v^)。



あとは、おなかの「の」の字マッサージとか、

意外によく効くのが、

おしりのマッサージです。

蒙古斑のあるあたりを刺激すると、

かなり効くように思います。



腸もお掃除が大事、

と友達から私聞いたことがあるんですけど、

家やお部屋と同じで、

体の中にも、

不要なものはためないほうが、

すっきりとした気分で生きていくことができますよね。



そんなこともあって、

便秘がちで苦しんでいらっしゃる方のために、

書かせていただきました♪



では、みなさまの快便生活をお祈りして、

今日は終わりにさせていただきます(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:40| Comment(18) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

観葉植物

みなさんも、観葉植物の効用について、

よく知られているとは思うのですが、


私、このたび、引越しをしまして、

まぁ、整理・整頓が、とーっても、とーっても、とーっても苦手なもので、

これはいかん!!

と思い、整理・整頓系の本やら、風水系の本など、

けっこう読んでみました。




なんと言っても、

引越しには期日がありますからね(^v^;)。




で、風水系の本に必ず出てくるのが観葉植物。



私は、昔、観葉植物枯らしたことがあるので、

それ以来、買わないことにしてたんですよー。



ところが。


観葉植物は、かなりいいらしいんです。



まず、お部屋でも、建物でも、人間の体でも、何でも、

「気」というのが流れているらしいです。



そして、「気」はスムーズに流れているのがいいみたいです。



この「気」の流れがうまくいかないと、

体の調子を崩したり、

心がなんだか、沈んでしまったり、

イライラしたり、

なんとなく、どんよりと重たいような、だるい感じになる、

ということがあるみたいなんです。



で、電化製品って、

電磁波が強く出てるじゃないですか。



これが、「気」をけっこう乱しているんですって。



その「気」の乱れに効くのが、

観葉植物なのだそうです。




まず、植物って、

友達がテレビで見たって言ってましたが、

人間を癒す気を発しているのが、

何かで証明されているんですって。
(私は見てないので、詳しくはわからないのですが^v^;ゞ。)



それからしても、

人間にとっていい感じですよね(^v^)。



それに、植物は、

二酸化炭素を取り入れて、

酸素を出して生きていきます。



私たちは、二酸化炭素を出して、

酸素を取り入れます。



こういう事実を考えても、

一緒に生きていくって、

すごくいいことだ、っていうのはわかります(^v^)。




で、風水系の本によると、

観葉植物は、かなりいい「気」を出しているそうなんです。


だから、電気製品の近くに、観葉植物を置くといいですよ、

って風水系の本にはほとんど書いてありました。




そんなんで、私も今日こそは!

と思って(忙しかったので。)、

はりきって、百均ショップや、ホームセンターで、

観葉植物、6つも買いました(^v^)♪



そして、お部屋に飾ってみました〜♪


やっぱり、気持ちいいです(^v^)。



あと、これは、ここがいい、っていうのが、

なんか感覚であります。



こんなところに置いても、ちょっと、どうなの???

というような、

背の高い食器棚の上に、

ポトスを置いてみたのですが、

なぜか、そこが、とっても気持ちがいいんです(笑)。



やっぱ、そんなところに置くよりも、

窓際に置こう、と思って、

窓際に移動させても、

どうも、しっくり来ない。



なぜだか、このポトスは、ここに置くと、

とっても気持ちがいい、

というのがありました(^v^)。



きっと、なんか、気の加減があるのでしょうね(笑)。



というわけで、

心身の健康のひとつに、

お部屋に観葉植物を取り入れるというのは、


かなりいいことみたいです、ということが、

今日はお伝えしたくなりました(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 01:57| Comment(19) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

実はみんなと一緒だった!

こないだ、

私、友達からこんな話を聞いたんです。



ある、まったく耳の聞こえない人がいたそうです。


でも、この人は、

とっても明るくって、

バスケ部でもレギュラーになるような人で、

クラスでも人気者の人なんだそうです。


で、その人は、

自分が耳が聞こえないっていうのをハンディだとは

一度も思ったことがなかったそうなんです。



まぁ、これを聞いて、

私は、単純に、

すごいなー、って思いました。



ところが、

なんかのセミナーに出て、

その人は、

本当は、自分が耳が聞こえないことをコンプレックスに思っていて、

それで、がんばって、

明るく振舞ったり、

頑張ってバスケ部のレギュラーになったりした、

っていうことに気づいたんですって。


これを聞いて、

私は、うん、うん、やっぱり、そういうものだよね・・・、

って思いました。



そしたら、まだ続きがあって、


その人は、

そのセミナー中の最初はそう思ってたらしいんですけど、

最後らへんには、



どこかで、自分はみんなとは違うと思っていたけれど、

実は、まったく、みんなとおんなじだったことに気がついた、

んだそうです。



私は、これを聞いて、びっくりいたしました。


え?

まったく耳が聞こえないのに?

みんなと、まったく同じ?



そんな風に思えるなんて、すごいなーって思いました。



でも、きっと、

なんだか、それが真実なような気がしました。



どんな人にも、

コンプレックスだったり、

欠点だったり、

人間だから、完璧じゃない部分って、

何かありますよね。



でも、どんな人でも、

やっぱり、それとおんなじように、

その人ならではのいい部分を持っています。



頑張らなくても、

優しい心を持っていたり、

人を楽しませることが好きだったり、

正義感が強かったり・・・。




そんなところを見つめていったら、

とても自然に、

無理に頑張らなくても、

その人のいいところがどんどん前に出てくるような気がします。



そしたら、ますます、素敵な日々を送ることができるようになると思いますので、

時折、そんなところを見つめてみる時間を持ってみるといいなと思いました(^v^)♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 17:56| Comment(18) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

当たり前のことなのですが

私は、こないだ、

似合うものを見つけてくれる方から、

アドバイスをいただいたのですが、


それから、なんとなく、

自分に変化が出てきた、って思いました。




それは、

まったく意外なことなのですが、



「フットワークが軽くなった」ってことなんです。






なんとなく、

「これは、急ぎじゃないから・・・」

と、「別に今やらなくてもいいよね」と後回しにしていたことも、


「今のうちにやっておこう!」と

思うようになりました。




それと、お風呂の掃除だけは、

少しずつですが、


トリートメントの放置時間がある、という理由から、

毎日しているのですが、


そんなのも、ちょっと関係してるなーって思うんですが、





何が、私をそうさせたのかを、

振り返って考えてみたら、





すっごく当たり前のことなのですが・・・、

「磨けば光る」



ということを、

自分の体験を通して、

実感しているのだということがわかりました(^v^)!





なんで、今できることを、

「別に今やらなくてもいいことだから」と思ったのか。





多分、その無意識に、

なんとなく、自分への諦め?のようなものを感じたんです。





でも、なぜか、

「今のうちにやってしまおう!」と思うようになった。





すごく不思議なんですが、



そこになんとなく、

「やればできる」みたいなものを感じました(^v^)。





どっかに、私は、

「どうせ、やってもムダだし。」


なんか、こんな感じのものを感じていたように思います。





「むだ。」



そうですねー、

時間の無駄、なんていう風に思ってたのかもしれないです。





だけど、やってみたら、

思ってた以上の成果が現れてくると、

やる気がやっぱり出てきますよね。






お掃除とかって、

確かに、その時、とってもきれいになって気持ちがいいのですが、



当たり前ですが、

生活してると汚れてきて、

その汚れの中にまみれてしまうと、



最初の気持ちよさとかって、

忘れてしまうんですよね。



そして、なかなか思い出せない(笑)。



そうすると、

当然、ますます汚くなって掃除しなくなっていってしまいます(^v^)。




だから、そういう、気持ちのよさを忘れない工夫、

とても素敵なことって実感できる工夫、

っているものなんだな、と思います。



もちろん、毎日、きちんと習慣をつけるのがいちばんいいと思います(^v^)。



だけど、私のように、

毎日、きっちり掃除する習慣がない人が、

いきなり、それにチャレンジ!



というのは、やはり、かなりハードルが高くて、

多分、挫折するか、三日坊主っぽくなります(^v^)。




やっぱり、どうしても、

疲労度のほうが、

満足感を上回ってしまうと思います(^v^;)。





何か、満足感が感じられる工夫がいるんでしょうね。





たとえば、身なりに力を入れてみたりするようなことでも、


それなりに、努力したら、

それなりの満足があって、

自分でも、変わるな〜と思うと、



フットワークが軽くなった(^v^)♪

というふうなことになりました。




そうですね、

自分でも、「変わるな〜!」って思うことが大事なような気がします!






これを実感していったら、

いいスパイラルが起こってくる!

というわけですね?!





わ、よくなった!

よし、もっとよくなっていこう♪♪


ってやる気が出てくるわけですね(^v^)。






そんなわけで、

はっきり目に見える、

「磨けば光る」





これは何でもいいと思うのですが、

そういう体験を積んでいくと、

かなり効果があるんじゃないかなーと思いました(^v^)。





私もまだまだこれからですが、

そういう体験をどんどん積んでいきたいなーと思います(^v^)♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 15:57| Comment(13) | すべてかな? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

いろんなパーソナルカラー診断があるけれど

自分に似合うものを身に付けていると、

本当に、自分自身の持ってる良さが、

ぴっかー!!

と輝きだすのですが、


それが、どんなのか知らなくて、


ちょっと自分の持ってる良さとかけ離れた格好をしていると、

なぜか、くすんだ、

存在感のない人に見えてしまったり、

なんか、むさくるしい感じに見えてしまったりすることがあります。



そして、

自分にぴったりのものを見つけてくれるお仕事をされていらっしゃる方がいます。

それが、パーソナルカラーコンサルタント(またはアナリスト)とか、

パーソナルイメージコンサルタントと呼ばれる方々です。




さてさて、

その、自分に似合うものを見つけてくれる方法というのが、

いろいろあるのですが、



今、多くあるのは、

パターンを決めて、

その中に振り分ける、というもののように思います。



だいたい、

タイプが分かれていて、

あなたは、このタイプ、と、診断してくれるところが多いと思います。



私の知る限りでは、

だいたい、4グループ〜16グループが多いですね。



そして、そのモノサシになるのが、

色に関して言えば、



青み―黄み、

明るい―暗い、

鮮やか―濁った色、


の座標で多くが振り分けられています。


そのコンサルタントによって、

微妙な振り分け方の違いはあります。



確かに、この3つの要素がはっきりしている個性をお持ちの方にとったら、

これは、とてもわかりやすくて、

お役立ちなものになると思います。



たとえば、

青みが強くて、

明るい色で、

どちらかと言うと濁った色が似合う個性の持ち主の方は、


この振り分けがあると、

はっきりそのグループ分けされたものが似合うと思います。



しかし、

中には、どの要素も、その中間くらい、という人も存在します。



こういう人にとっては、

このグループ分けって、

意味を成さないんですよね(笑)。



どのグループにも、もひとつピタッとは、当てはまらない。


こんな風になってしまいます。



別にどの要素も中間じゃなくても、

この中のひとつでもその中間あたりというのが当てはまると、


そのグループ分けされた中でも、

似合う色もあれば、似合わないのもある、


ほかのグループでも似合うものがある、


ということになります。



これは、パーソナルイメージでも言えることで、

たとえば、

すっごくクールで、ドラマティックで、インパクトが強いグループがあったとします。

で、もうひとつ、涼しげだけれども、とてもソフトで、柔らかいグループがあったとします。



だけど、その中間の、クールなんだけど、それほどやわらかい雰囲気でもなく、

それほど、インパクトが強いわけでもない。


そんな人もいると思うんですね。

(と言うか、実際にいます。笑)



そういう人にとって、

このパーソナルカラー&イメージコンサルティングって、

受けてみたけれど、

どこかで、はて?これは?と思うような場面に出くわすときがくると思います。




そして、私は、

見つけました!



そういうグループ分けをせずに、

本当に、その人オリジナルの似合うものを見つけてくださる方を。



こちらです。↓
http://www.hcn.zaq.ne.jp/arys-act/mysite2/newpage11.html



実は、こないだ、そこで診断してもらったのでした(^v^ゞ)♪



今まで受けたところでも、

それなりに納得はしていたのですが、


ちょっと、効率が悪いかな???


という気がしてまして、


思い切って依頼してみたのでした♪



そしたら、ちゃんと、私に似合う色のみを探し出してくれて、

その色から、傾向を掴み取ってくださり、

(だから、ほんとにオリジナルです♪)



どんなイメージが似合うかも、

ちゃーんと、目に見える人物の写真を使って、

きちんと、筋道立てて説明してくださいました♪

とてもわかりやすかったです。



今まで、どうなのかな??と思ってた疑問も解けて、

なるほど、と思えました(^v^)。



そして、本当に、自分のよさっていうのを、

ちゃんと目に見える形で納得できると、

これまた、

自分のよさをもっと伸ばしていこう!っていう気になるもんですよね!



自分のよさって、

なんとなくわかりにくいもののような気がするんです。


もしかして、私だけかな(わかりませんが^v^;)。



それが、なんとなく、いちばんの自分の特徴って、

こういうところだったんだー!

となんか、よくわかった気がして、


さらに、自分を大事にしようって思いが強く出たように思います。



自分で、自分のよさってここ、って思ってても、

人から見ると、また違ったところが、魅力に映ってたりすることって、

ありますよね?

(もちろん、自分で気づいている自分のよさも、その人の魅力であることには変わりありません。)



そんな意味でも、

とても客観的に、

自分のよさを認められる、

効果的なツールだなぁ、と思います。



そして、本当に、人それぞれ、一人一人はやっぱり、

いろんな個性があって、

全く同じ人なんて、

すっごく当たり前ですがいなくて、

それぞれに意味があるんだなーって思います。



その人独自のオリジナル、

これって、とっても素敵なことだと思うんです。



そういうものを大切にするからこそ、

ひとりひとりが出してる力?がいっぱい発揮されて、

みんなでひとつの素敵な世界を創っているんだな、って思います(^v^)♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 01:18| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

時間をムダにしないために

最近、私は、

よく、「人生の目標を決める」というようなものを目にします。




確かに、人生って、

限られていますよね。



ぜーったいに、どんな人でも、

必ず死ぬときが来ます。



そうすると、

私は思うんですけど、

なんか、人生って、

すっごく短くないですか?!



あ、誤解しないでくださいね(^v^;)。

決して、

虚無感を主張しているわけではないです。




何が言いたいかと申しますと、

思っているより、ずっと短い、ということです。



あと何十年、なんて言うと、

すっごく長くて、

これからまだまだあるのね・・・、なんて思ってしまうのですが、



今までを振り返ってみると、

10年なんて、あっという間です。



よく、年をとればとるほど、

時間が早く感じると言いますが、

本当にそのとおりですよね。



とすると、

私なんかの感覚だと、

数十年なんて、

子供時代の、

数ヶ月や、数日と同じ感覚がしています。




そうするとですねー、

やっぱり、生きているうちに、

こんな人生にしたい、

というのをしっかり固めておいたほうがいいな、と思いました。



私はあの世はあると思う派なんですが、

後悔したくないですもんね。



いい人生だった、って満足のいく人生にしたいと思いました。



そのためには、

私はどうしたらいいのか?を、

今からちゃんと考えておかないと、



本当に、時間は湯水のごとく!


どんどん、どんどん、流れていってしまいます。



で、気がつくと、

あぁ、もうこんなに年をとったのかぁ・・・、

ということになります(^v^)。



で、想像してたよりも、

ずっと、なんて言うんでしょうねー、

ただただ流されて生きてきた感が否めないと思うんです。



で、また、このまま、

この調子で生きていくのかぁー、となるわけですね(^v^)。



でも、そこでちょっとストップ。



私は、その流れをちょっとでもいいので、

変えてみたいと思いました。



もっと、自分でも納得のいく人生に変えてみたい、

って思いました。



そしたら、やっぱり、どんな人生にしたいか、

っていうのを真剣に考えないといけないなーって思ったんです。



自分の人生は、自分で創るもの。


こんな言葉もよく目にしたり、耳にしたりします。



私もこれを聞いて、

うん、ほんと、そうだな、って思いました。



で、目標って、

決めたら、無駄が減るんですよね。



充実感も違ってくると思います。



当然、生きていることに対して、張りも出てきます♪



だから、人生の目標を決めることって、

とーっても大事だと思いました。



こういうのを真剣に考えることが、

とても大切なことなんだなー、となんとなく最近思っているので、

今日はちょっと書いてみたりしました。



本当に自分の人生を充実させるには目標っていると思います。



だって、やっぱり、

ゴール地点をちゃんと決めないと、

ふらふら、ふらふら、

だらだら、だらだら(笑)。


目的を定めて、

そこに力を注げば、

ちゃんと目的地に到着することができるのに、



無駄なところにエネルギーと時間を費やしてしまって、

結局、目的地ではないところで、

ふらふらしている自分。



これでは、ちょっと、自分の人生がもったいないです。



そんなわけで、

やっぱり、目標。



人生の目標みたいなのをしっかり決めることが、


本当に生き生きと充実した時間を過ごすためのコツなんだなぁーと思います。
posted by たんぽぽのわた毛 at 23:55| Comment(14) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする