2015年12月31日

すごく綺麗な人の写真を見ました☆

先日、すごーく美人の人の写真を、
とあるきっかけで見たのですが、

最近、私は、美人の人を見たら、
なんでこの人はこんなに美人なのかな〜、って、
考えるようにしてるんですね(^^)。

自分もそうなれたらいいな、と思って♪


最初にそう思ってじっくりと見た美人さんは、

駅の広告に載っていた人でした。

じーっと見ていまして、

うーん、この人からは、

なんだか、優しそ〜な感じがするなー。

と思いました。

そっかー、だから、この人のことをすごく美人に思うのかなー、と自分で勝手に納得いたしました(笑)。

この人、優しそうだから、

自分にもすごく優しくしてくれそう!

無意識にそんな期待が高まります。

そういう感じでした☆



そして、こないだ見て、はっ煤i゚Д゚)とした美人さんの写真をじーっと見ていて思ったのは、

とにかく透明感がすごい!!!

けど、透明感っていったい何?!

いったい何なの?!

この透明感って?!

と考え続けてみました。


私が考えたことは、

どうやったらこんな顔(表情)になるのかなー?

ということなのですが、


あ、先ほどの優しそうな愛あふれてる感じの美人さんの時も、

同じように考えたわけなんですけど、


この透明感の美しさっていうのは、

なにか、自分が愛されていることを実感して、

それに感動しているときの表情だなーって思ったんです。


だから、なんでもそうだと私は思うんですが、

どんなことにも、

実は、何か、与えられてる神様の愛、みたいなものがあると思うんです。


あ、もちろん、

人から愛されていて感動するということが一番はっきりわかりやすいと思うんですが、

そういうのを感じ取った時に、

すっごく感動する時ってあるじゃないですか?!


まさにその時の感じだな…!

って勝手にまた思ったわけです(^^)。


私にはそう感じられました☆彡


それで、心から美しくなった時、

それが外側に雰囲気として表れて、

顔のつくりとかそういったものを超えて、

みんな綺麗になるんだ、と私は信じてるので、


これからは、

自分に与えられてる愛というか、

そういうものを感じ取っていこう.。.:*☆

と、思ったのでありました(^^*)



実は自分が気づいていないだけで、

本当は愛されている、

っていうことがいっぱいあると思うんです。

たぶん、きっとそうだと思うんです。

いろんな人のお話を聞いて。


だから、自分もそれを感じ取って、

毎日、感動していこう\(*^0^)/

そう思いました.。.:*☆



posted by たんぽぽのわた毛 at 02:48| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

美しさって


5年ぶりの記事です。

うまく書けるかなぁ…。


さて、今日は、

前々から思っていたことですが、

今日勇気をもって書こうと思っています。


美しさって、

やっぱり、いろいろと観察を重ねてきて思ったのが、

内側から滲み出るものだなぁ、ということでした。


もちろん、

私はパーソナルカラーアナリストでもありますので、

外側の工夫で、

美しく見せることができることを知っています。


ただ、それも、

もともとその人が内側に持っていたものを、

より際立たせている、ということです。


同じものでも、

綺麗に見せたり、

汚く見せたりすることは可能です。


もちろん、そういうのもあるのですが、

もうちょっと根本的に、

内面から滲み出て美しさってできているなぁ〜といつも感じることが多いです。


たとえば、

フィギュアスケートの羽生さんは、

とーっても、とーっても美しいと思います。


びっくりするくらい美しい何かが漂っていると思います。

お顔のつくりがとーっても美しいかというと、

失礼ながら、

とびきり美しいというわけでもないと思うんですね。

でも、ひじょ〜うに雰囲気が美しいと思います。



また、ある時、私、

階段を下りていると、

下から上がってくる人が、

下を向いていたのですが、

めっちゃくちゃ美しい雰囲気を漂わせていて、

まったく知らない赤の他人ですけど、

びっくり仰天(゚Д゚)したことがあるんです。

びくっ!!としました(^^)。


ただ、お顔をそのあと見ましたが、

ごく普通の顔のつくりの方でしたが、

本当に驚くぐらい美しかったんです。


そして、きれいだな〜と見惚れる人の顔をじーっと見ながら、

(写真などで有名人の方が写っているのを見るのですが)

なんで美しく見えるのかなぁ???

と観察していると、

やはり、優しそうであったりとか、

何かしっかりとした情熱を持っていそうであったりとか、

その人の長所のようなものを感じさせるからなのだな〜、と思うようになりました。


そして、あんまり美しくないなぁ〜と思う人のお顔は、

どんなのかな〜?と観察していると、

怒っているようなお顔に見えるなぁ、とか、

なんだか不満が多そうなお顔に見えるなぁ、とか、

そういったものでした。


ですから、

自分の心の中を、

いつも優しくしていたり、

いつも希望を持つようにしてみたり、

そんな風にして磨いていると、

きっとそれが表に現れてくるんじゃないかな、と思うようになりました。

何となく、それが雰囲気として滲み出るんじゃないかな、と思いました。


私も気を付けないと、

仕事中に何か、いやだなぁ〜と思うようなことがあってそんな風に思ってると、

とっても不細工に見えていると思います(^^ゞ)。

何か雰囲気が醸し出されるのだと思います。


そんなわけで、

綺麗になろうと思ったら、

やっぱり自分の心の中を、

綺麗にしておく、

美しくすることが、

きっと、外見の美しさへとつながっていくのだろう、と思います。


そうそう、

よく恋愛が充実しているとき、

みんないつもより美人に見えたりしますよね(^^)。


あんな感じかな、と思ったりもします。


綺麗になりたいから、

心の中にあんまり不満はためないでおこう、

そう思ったのでありました(^v^*)


きっと努力は叶うはずです.。.*・゜☆

と信じたいと思います(^v^)♬



後で気づいたんですが、

なんか前にも似たような記事書いてましたね。

まぁ、より一層、

綺麗になるには、

心の中で何を思ってるかが大事、っていうのが、

よくわかるようになってきた、ってことです(^^)。


そういう風に受け止めていただければ、と思います♡
posted by たんぽぽのわた毛 at 23:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

美しさは、かたち?

突然ではありますが、

美しくすることにちょっと抵抗が、

どこかにまだある方って、

けっこういらっしゃると思うんです。


かく言う私も、ちょっぴりその口だったりします(^v^)。



で、ふだん、なんで綺麗になることはいいことなんだろ〜?

と考えてるのですが、



今日、ちょっと感じたことを書いてみたいと思いました。



私は、ずっと前から、

人間は、外見じゃなくって中身!!

っていうのを信奉してきたんですが、



それでも、外見が内面に与える影響っていうのもあるのを知って、

だから、綺麗になることはいいことなんだ、って自分に言い聞かせてきたのですが(^v^)、



だけど・・・・、

本当のところはどうなんだろう・・・?



と今日、考えていました。



綺麗さっていうのは、

もちろん、外の形を整えて、

ばぁーっと表に出てくるものですが、



たとえば、お化粧をしたり、

似合うよう服を着ることで、

別人のように美人に見えることがあります。



お化粧を落とすと、

誰だか分からない人もいたりします。




そういうのは、

もともとのその人を引き立ててくれてるわけですが、




その「もと」には、

やっぱり、その人がいるんですよね。




それで、その人がもともと持ってる形って、

やっぱり、内面が表れてきているんだと思います。




きつい感じで人を睨めば、

やっぱり、眼の印象はきつくなりますし、

(もしくは、真実を見抜こうと思って見ていると、

 目元が冷静な感じになったりしますよね。)



とっても優しい気持ちで何かを見つめれば、

目元はやっぱり優しい表情に変わります。




だから、知らず知らずのうちに、

内面ってにじみ出ているものだと思います。




だから、お化粧が上手で綺麗に見えている人も、

やっぱり、その人の内面の綺麗さが引き出されているんだと思います。




綺麗だけど、性格の悪い人。




確かにそう言われる人もいますが、

性格の悪い面が普段、前面に出ているだけで、

心のどこかに、

その人は、何か綺麗なものを持っているのかもしれないな、って思ったんです。

(もちろん、綺麗だけど、

 なんとなく怖そうな感じになってることもあると思います。)




誰にでも、どんな人にでも、

必ずいいところってありますので、

みんな工夫をしたら、

綺麗になれると思います。




だから、やっぱり、心を綺麗にしたら、

心を磨けば、

どうしたって、

それって表にもにじみ出てきますから、

やっぱり、綺麗になる一番の方法なんだと思いました!





だから、私は綺麗になる方法って、

自分のいいところをいっぱい発見すること、

それを発揮すること、

だと思いました。



そしたら、表情も、雰囲気も、

自然と綺麗に変わっていくんだと思います。



やっぱり、心を綺麗にすることが、キレイの一番近道なんだな、

と一人納得していた今日なのでありました(^v^)。



そして、心を磨いて綺麗になって、

周りの人も気分よくなってくれれば、

こんなにいいことはないんじゃないかな、と思いました(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:39| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

あなたの肩に美しさが乗る?

先日、イメージコンサルタントの人とお話しする機会がありまして、

その時、教えてもらったことなのですが、

似合う服っていうのは、


たとえば、肩でいえば、

自分の肩のラインと、

服の肩のラインが同じであることなんですって!



これを聞いて、私は、

ほお〜うっ!なるほどーっ!

って思いました(^v^)!



だから、よく、着ててもなんか肩の凝る服というのは、

さほど似合ってないんですって!


つまり、動きにくいとか、そういうのですね。



あります、あります、肩の凝る服!!

私は、似合ってるのかと思ってたのですが(^v^)、

人から見たら、

微妙に、微妙に何か違っていたのかもしれませんね!



と言うか、

私自身が、やたら肩の凝る服だな〜、って思ってたので、

なんか、やけに納得してしまいました(^v^)!




いろいろな本(この手の本で。)などでよく言われているのは、

なで肩か、いかり肩か、ってことです。



細かく言うと、

まだまだポイントはあるのですが、

まぁ、大まかに言えば、

この2つですね。



洋服を見てみると、

やっぱり、その服の肩の線っていうのが、

ちょっと違うんですね(^v^)。



肩が下がってるような服もありますし、

まっすぐの肩の服もありますよね。



今度は、肩にも注目してお買い物してみてくださいね(^v^)。


もちろん、自分の肩を見るのが先ですよ(^v^)。




そう、それで、

似合う服って、

本当に自分のいいところを思いっきり引き出してくれる、

強力な道具だと思うんですが、



それも、ちゃんと、なんて言うか、

自分の体の形に合ったものがよかったんだ・・・、


というような、妙な感動がありました(笑)。




よく、背伸びはしない、ありのままの自分を認めることが、

すべての出発点、

なぁ〜んて話、よく聞くじゃないですか?



自分をものすごくよく見せる服ですら、

自分に合ったものだったんだ・・・、

と、少し感動でした!




やっぱり、自分の個性と言うか、

自分が持ってるよさを生かした時に、

人って、魅力的になるものなんだなぁ〜、と、

しみじみ思います!



みなさんも、ぜひ、御自身ならではの、魅力を探ってみてくださいね(^v^)!



そして、お洋服を今度買われる時は、

ぜひ、肩のラインにも注目してみてください♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:52| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

誰からも好印象をもたれる色?

こないだ、本棚をじーっと見てましたら、

確か10年位前に買った本なのですが、

ベストカラー「色」を着こなす―もっと「素敵な私」に変身する本というのを見つけました。


この本の内容は、

そんなことあるわけないでしょうに!

というのが私のはじめの感想なのですが、



誰もが、似合う色というのは、

実は同じような色なのだ、というお話です。



似合うっていうのは、

その人の持ってる良さが、

ものすごーく前に出てくるっていうことです。

だから、そのおかげで、

すごく好感をもたれるようになります。



その似合う色っていうのは、

人によって、

違うものなんですよね。




ところが・・・・。

この本の著者の古賀けい子さんは、

その誰にでも似合う色って言うのは、

クールでソフトな色だとおっしゃるのです。




ここでいう、クールっていうのは、

前の記事にも書きました、

青みベースの色です。


青みベースと言っても、

もちろん!黄色や緑や赤、紫などもあります♪




最初は、青みベースのソフトな色が、

誰にとっても一番似合う色だなんて、

そんなことないって思っていたのですが、

本の中にも出てきますが、

確かに、地球は、外から見ると青いんです(^v^)。



と言うか、

遠くにあるものは、青っぽく見えます。



お山も近くで見れば、

もちろん、木々の葉っぱの緑に見えるのですが、

なぜか、遠く離れると、

薄い青色に見えますよね?



そして、人間もまた、

地球上にすむ生物のひとつですよね。



だから、人間って、本能的に、

そういう色と調和しやすい、ってことなんですね。



これだけだと、

私は納得しないのですが(^v^)、




私はパーソナルカラー診断で、

どちらかと言うと、鮮やかな色の方が似合うと診断されています、

3回とも。



確かに、顔映りは、くすんだ色よりも鮮やか目の色のほうが、

よくなるのですが、




だけど・・・、



なぜか、

顔映りとは別に、

控えめな、ほんのすこーしだけくすんだ色のほうが、

雰囲気がよくなります。

顔色は、やっぱり、少し鮮やか目の色のほうがよくなるのですが、

全体の雰囲気が、

どうも、控えめな少しだけくすんだ色のほうがよくなるんです。




だから、もしかして、

この古賀さんの言われていることは本当かもしれない!


と思ったのです。




それと、かなり個性の強い服を着ると、

内面がその個性と一致していないと、

なかなかその人の本当のよさ、内面が伝わってこないそうです。

逆に、よくわからない人という、

マイナスのイメージを植えつけてしまうとのことです。



地球は、青がベースの占める割合が多くて、

どうしても、ソフトで青っぽい色に対して、

人間は心地よさを感じるみたいです。



そのクールでソフトな色の中にも、

もちろん、ピッタリ似合う色と、身につけるのが難しい色というのは、

もちろんあると思います。

と言うか、そう書いてました(笑)。

そして、私も、そういう色の中に、

おっそろしく似合わない、ものすごく醜く見える色があるんですけどね(^v^)。




私には、まだまだわからないことではありますが、

もしかしたら、そうなのかもしれないなあ〜

(青みベースの色でソフトな色が、もしかしたら誰にでも実は似合うのかもしれない)、

と思っているので、

もしもそうなら、

ちょっとお役立ち情報なのではないかな?

と思って書かせていただきました(^v^)/


でも、本当に、人当たりのいい、

すっきり爽やかな印象は与えるんじゃないかなー?

と私自身も思っています。



↓下に載せた、だいたいこんな感じの色たちです。(もうちょっとくすんでてもいいかな?)

 (ほかにももっといろんなたくさんの色があります。)



posted by たんぽぽのわた毛 at 01:15| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

あなたはどんな立体ですか?

みなさん、明けまして、おめでとうございます!!

本年も、みなさんにとって、

ますますすばらしい一年になりますことを、

お祈りいたしております(^v^)!





さて、さて、

今日は、似合うものシリーズいってみたいと思います。




こないだ、テレビで、

爆笑問題の太田さんを見たのですが、

お召し物が、ストライプのスーツでした。




で、ピンストライプだったのですが、

そのストライプの感覚が、

かなり広いタイプでした。



これをぱっと見たときに、

なんだか、太田さんが、

かなり貧相に見えてしまいました・・・。
(ごめんなさい。)



これ、たぶん、もうちょっと、ストライプの間隔が狭かったら、

貧相、ではなくて、

スマート、っていう印象を与えていたように思います。



そんなわけで、

また、ちょっと、似合うものについて、

書いてみようかな〜♪と思いました☆



で、今日は、似合うストライプの間隔について、です(ちょっとマニアックですが・・・笑)。



参考文献は、

右横で紹介しております、

あなたに似合うファッションがわかる本

です。



この本では、どこを見たらいいかちゃんと説明してくれています。

全部紹介するわけにいきませんので、

簡単に、一部紹介しますと、

自分の持ってる形と、身につけるものの形が一致すると、

そこに調和♪が生まれる、というお話でした♪



でも、自分の形を見るっていっても、

客観的に見るのって、

なかなか難しいですよね。



で、そこでよく、写真を使うといい、というのを聞きます。



鏡だと、どうしても、なぜか?

自分を意識してしまうみたいですね〜。



でも、もしも、三面鏡をお持ちの方でしたら、

三面鏡もお勧めです!!



真正面以外から自分を見ると、

正面から見てるときと、明らかに表情が違っていて、

お〜、私ってこんなんなのか〜、

って思いますよ(^v^)。

きっと、自然体の自分が見えると思います(^v^)。



三面鏡をお持ちでない方は、

合わせ鏡で、

後ろや斜めから自分を見てみると、

なかなか客観的に自分が見えると思います!





それと、「自分」や「人」として見るんじゃなくって、

「立体」として見たほうがいいと思います。




その立体が、どんな形なのか、をじっくり見て、

さて、その立体は、

どっしりとした立体だったでしょうか?



それとも、

華奢な感じの立体だったでしょうか?



それとも、どちらでもなかったでしょうか?



以前の記事に書いたのと同じパターンですが、



どっちかと言うと、

どっしりした感じの方は、

ストライプの間隔は広めのほうが似合うかと思います。

そのほうが格好よく見えます♪



目の詰まった細いストライプだと、

服がパンパンになってるように見えて、

太っているように見えてしまうと思います。





華奢な感じの方は、

ストライプの間隔は狭いほうがいいと思います。

こちらの方も、そのほうが格好よく見えます♪



間隔が広いと、

太田さんのように、

体が貧相に見えてしまうと思います。



そして、その中間、どちらとも言えない人は、

やっぱり、広くもなく、狭くもない間隔のストライプを選ぶとしっくり来ると思います。




これって、比較の目の錯覚が起こさせるんですってね。



目の錯覚って、

不思議ですよね。



日常目にするものから影響を受けてるみたいですが、

なんと言うか、

よっぽど知らないうちに、

影響を受けているものなんだなぁ・・・って思います。



普通の(普段よく目にする)大きさの柄の洋服があったとして、

それを、体の小さい人が着れば、

その柄は大きく見えますし、

体の大きい人が着れば、

その柄が小さく見えます。



だから、ちょっとよく目にする大きさの柄より、

大き目の柄の服を着れば、

自分の体が少し小さめに見えたりする、ってことですよね。



ほんと、日常から、私たちって、

いっぱい影響受けているんですね〜。



私もまだまだ模索中なんですけど、

いろいろ調和するものを見つけていきたいと思っています(^v^)。




ぜひ、ストライプのものを買われる時の、

参考にしてみてください(^v^)。





そして、ここから、またおまけコーナー♪

レイジイhttp://blog.goo.ne.jp/galapagos0325さんからいただきました、

色バトンやってみたいと思います♪



★好きな色は…いっちばん好きなのは、青緑です。

       いわゆるターコイズブルーっていうやつですね。

       鮮やかめのでお願いします(^v^)♪

★嫌いな色は…う〜ん、着るなら、黒かなぁ・・・。

       黒を着ると、いまいち、気分が優れないですね〜。

       あと、暗めの色は、あんまり好きではないですね。


★携帯の色は…あは、これ、おもしろいですね(^v^)。

       うちの家計の都合で、

       一番安い携帯にしたら、

       2色しかなくて、選んだのは、

       薄いターコイズブルーです(^v^)♪

★あなたの心の色は…う〜ん、私の心の色?

          何でしょうねぇ〜?

          いろんな色があるように思いますが、

          青系統か、黄色系統が強いんじゃないかなぁー?

          と自分では思っております。(感覚的なもので。)

★回してくれた人の心の色は…レイジイさんの心の色ですか?!

              これまた、難しいですね〜
     
              (いつもいっしょに

              いるわけじゃないですもんね^v^)。

              でも、レイジイさんも、

              なんとなく青系統な感じもいたします

              (どこか哲学的な感じもするので^v^)。

★次の6つの色に合う人にバトンを回して下さい(赤、青、オレンジ、ピンク、黒、白)

 これまた強烈に難しいお題ですね〜。

赤…赤の感じの人?

  う〜ん、あんまり思い当たる人いないです(^v^;)。

  ごめんなさい(^v^;ゞ)。


青…めいちゃんママさんhttp://yaplog.jp/yokom/かなぁ・・・?

  なんとなく深遠さを感じています。

オレンジ…オレンジかぁ。

     そうですねー、ゆる子http://genkidasite.seesaa.net/さんが、オレンジに近いでしょうか?

     まりりんさんhttp://ameblo.jp/maririnnnikki/や、

     ちゃちゃまんぼうさんhttp://shirokuro12panda.blog53.fc2.com/も、

     オレンジのイメージありますね〜。
 
     とても活発なイメージですね。

ピンク…ピンクはですね、おかあしゃんhttp://blog.goo.ne.jp/manatan0731ですかねー?

    声や文章がとっても可愛らしくて、ピンクって感じです(^v^)♪

黒…黒ねぇ・・・、黒のイメージもなんかいないですねぇ〜。

白…白。う〜ん、白の人もいないですね〜。


って、私、なんだか、色のイメージ思い浮かべるの、

貧相ですね(^v^ゞ)。



よろしかったら、

お名前挙げさせていただきました方々、

やってみてくださいませ(^v^)♪



御興味なければ、

すっとばしてくださってOKです!
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:01| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

いろんなパーソナルカラー診断があるけれど

自分に似合うものを身に付けていると、

本当に、自分自身の持ってる良さが、

ぴっかー!!

と輝きだすのですが、


それが、どんなのか知らなくて、


ちょっと自分の持ってる良さとかけ離れた格好をしていると、

なぜか、くすんだ、

存在感のない人に見えてしまったり、

なんか、むさくるしい感じに見えてしまったりすることがあります。



そして、

自分にぴったりのものを見つけてくれるお仕事をされていらっしゃる方がいます。

それが、パーソナルカラーコンサルタント(またはアナリスト)とか、

パーソナルイメージコンサルタントと呼ばれる方々です。




さてさて、

その、自分に似合うものを見つけてくれる方法というのが、

いろいろあるのですが、



今、多くあるのは、

パターンを決めて、

その中に振り分ける、というもののように思います。



だいたい、

タイプが分かれていて、

あなたは、このタイプ、と、診断してくれるところが多いと思います。



私の知る限りでは、

だいたい、4グループ〜16グループが多いですね。



そして、そのモノサシになるのが、

色に関して言えば、



青み―黄み、

明るい―暗い、

鮮やか―濁った色、


の座標で多くが振り分けられています。


そのコンサルタントによって、

微妙な振り分け方の違いはあります。



確かに、この3つの要素がはっきりしている個性をお持ちの方にとったら、

これは、とてもわかりやすくて、

お役立ちなものになると思います。



たとえば、

青みが強くて、

明るい色で、

どちらかと言うと濁った色が似合う個性の持ち主の方は、


この振り分けがあると、

はっきりそのグループ分けされたものが似合うと思います。



しかし、

中には、どの要素も、その中間くらい、という人も存在します。



こういう人にとっては、

このグループ分けって、

意味を成さないんですよね(笑)。



どのグループにも、もひとつピタッとは、当てはまらない。


こんな風になってしまいます。



別にどの要素も中間じゃなくても、

この中のひとつでもその中間あたりというのが当てはまると、


そのグループ分けされた中でも、

似合う色もあれば、似合わないのもある、


ほかのグループでも似合うものがある、


ということになります。



これは、パーソナルイメージでも言えることで、

たとえば、

すっごくクールで、ドラマティックで、インパクトが強いグループがあったとします。

で、もうひとつ、涼しげだけれども、とてもソフトで、柔らかいグループがあったとします。



だけど、その中間の、クールなんだけど、それほどやわらかい雰囲気でもなく、

それほど、インパクトが強いわけでもない。


そんな人もいると思うんですね。

(と言うか、実際にいます。笑)



そういう人にとって、

このパーソナルカラー&イメージコンサルティングって、

受けてみたけれど、

どこかで、はて?これは?と思うような場面に出くわすときがくると思います。




そして、私は、

見つけました!



そういうグループ分けをせずに、

本当に、その人オリジナルの似合うものを見つけてくださる方を。



こちらです。↓
http://www.hcn.zaq.ne.jp/arys-act/mysite2/newpage11.html



実は、こないだ、そこで診断してもらったのでした(^v^ゞ)♪



今まで受けたところでも、

それなりに納得はしていたのですが、


ちょっと、効率が悪いかな???


という気がしてまして、


思い切って依頼してみたのでした♪



そしたら、ちゃんと、私に似合う色のみを探し出してくれて、

その色から、傾向を掴み取ってくださり、

(だから、ほんとにオリジナルです♪)



どんなイメージが似合うかも、

ちゃーんと、目に見える人物の写真を使って、

きちんと、筋道立てて説明してくださいました♪

とてもわかりやすかったです。



今まで、どうなのかな??と思ってた疑問も解けて、

なるほど、と思えました(^v^)。



そして、本当に、自分のよさっていうのを、

ちゃんと目に見える形で納得できると、

これまた、

自分のよさをもっと伸ばしていこう!っていう気になるもんですよね!



自分のよさって、

なんとなくわかりにくいもののような気がするんです。


もしかして、私だけかな(わかりませんが^v^;)。



それが、なんとなく、いちばんの自分の特徴って、

こういうところだったんだー!

となんか、よくわかった気がして、


さらに、自分を大事にしようって思いが強く出たように思います。



自分で、自分のよさってここ、って思ってても、

人から見ると、また違ったところが、魅力に映ってたりすることって、

ありますよね?

(もちろん、自分で気づいている自分のよさも、その人の魅力であることには変わりありません。)



そんな意味でも、

とても客観的に、

自分のよさを認められる、

効果的なツールだなぁ、と思います。



そして、本当に、人それぞれ、一人一人はやっぱり、

いろんな個性があって、

全く同じ人なんて、

すっごく当たり前ですがいなくて、

それぞれに意味があるんだなーって思います。



その人独自のオリジナル、

これって、とっても素敵なことだと思うんです。



そういうものを大切にするからこそ、

ひとりひとりが出してる力?がいっぱい発揮されて、

みんなでひとつの素敵な世界を創っているんだな、って思います(^v^)♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 01:18| Comment(18) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

試着について&おもしろバトン

私の結婚式の、

披露宴の時のドレスを探しに行った時のことなのですが、


(え〜っ?!こんな、だっさださのドレス、
 
 誰が選ぶんだろう・・・)


と思っていたドレスを私は、披露宴で着ることにしました。



今日は、

試着してみると、

とても素敵な出会いがあるかも、ということを書いてみたいと思います。



と言うか、

試着してみないと、

やっぱり実際は、わからないものなんだなぁ〜、

と、つくづく、いつも思わせられます!



あ、これ、私に似合いそう!

と思っても、

いざ試着してみると、

あれ、あれ???

なんか、似合ってない・・・、

と言うこともありますし、


これ、似合わなさそー!

と思ってみても、

試着してみると、

あれ?!すごい、いいじゃない!

というのがあります。




先ほどの、結婚披露宴のときのドレスですが、

私の母が、「着てみたらかわいいんじゃないの?」

と言い出しまして、


でも、まぁ、試着してみたら、違うことがある、というのを知っていたので、

試着してみたら、

なんと!

こんなの絶対に買う人いない、売れ残るだろうなー・・・、

と思っていたドレスが、

とてもよい感じでした。


で、結局、それに決定となりました(^v^ゞ)。



こんなことがあるので、

ほんとにわからないなーと思います。



それまでにも試着はするようにしていたのですが、

ある程度、

こういうのは似合って、こういうのは似合わない、


という、多少の思い込み、って、

誰にでもあると思うんです。



でも、その思い込みが、

逆に、本当に似合うものを見つけられるのを邪魔してることがあるんですよね(^v^)。


だから、いやだなーと思う服でも、

意外と着たら似合うかも、と思って、

合わせてみると、

思わぬところで、宝を発見したりします(^v^)♪



だから、身に付けるものを買うときは、

ぜひぜひ、どんどん、じゃんじゃん、試着してほしいなーと思います♪



こういう思い込みって言うのは、

人に対してとかもありますよね(^v^)。



先入観、

しゃべってみたらとってもいい人だった♪

っていうのもありますし、


やっぱり、

見掛けだけの判断で損をする、ってこともありますよね。


その人の宝を、

見過ごしてしまって、

自分にもったいないことをしていることもあるかもしれないですね。




なるべく、

先入観を持たないで、

いろいろとチャレンジをしているほうが、

やっぱり、何でも、見つけるのが早いんだなー、と思います。



それと、私は、

その人が持っているいいところを見るように心がけることが、

本当に自分にとって幸せなことだと思います。



でも、他の人のいいところを見るのって、

自分のいいところを見ることができる人にしか、

実は見えなかったりします(^v^)。




そんな意味からでも、

自分のいいところを見るためにも、

自分が身に付けるもので、

自分がよく見えるという、

そういう力を借りる、というのも、

私は、なかなか有効だと思うんです!



そんなわけで、似合うものについて、

ちょこちょこ書いてみたりしています♪








さて、さて、もうひとつ今日は、

レイジイさんhttp://blog.goo.ne.jp/galapagos0325から、バトンをいただきましたので、

お答えしていきたいと思います♪




おもしろバトン、という名前のバトンなのかもしれないです。
(記事の題名になっていたので、違うかもしれませんが^v^;ゞ。)

このバトンのルール

1.まわしてくれた人の3つの質問に答える 

2.まわしてくれた人へメッセージを

3.次の人への質問を3つ考える

4.バトンをまわす人を3人決める


というもので、

結構頭をしっかり使いそうです(笑)。



では、さっそく・・・、

1.回してくれた人の質問に答える

1.人生に影響受けた作品(映画、漫画、小説とか人物だとか)

★う〜ん、人生に影響を受けた作品、ですか・・・。

 「人生に影響を受けた」ってところが大事ですよねー。


 うーん、うーん、うーん・・・、

 感動するものはいくつか思い浮かびますが、

 人生に影響を受けた・・・ってなると・・・、

 あ!ひとつ、ありました。


 子供向けのビデオだったんですけど、

 学研から出てるやつで、

 「明るく生きること」(アニメ)というタイトルのものです。


 明るく生きることで、
 
 周りの人に幸せが広がっていくけど、

 暗い心で生きてたら、

 悪いことが広がってしまう・・・というような内容でした。


 小さな男の子が、

 いやなことがあっても、

 家族とかみんなのために、

 暗い気持ちになるのをやめて、

 自分が明るく生きていくことが大事なんだ、って、

 がんばる姿が、なんとも涙を誘いました(^v^)。


 で、私もこれ見て、

 そっか、明るく生きることって、

 自分のためだけじゃなくって、
 
 周りの人のためにもなるのか・・・、


 だから、明るく生きることって、いいことなんだ・・・、

 (それまで、別にいいことだとは思っていなかったので^v^;。)


 と思いました。


 それから、私も明るく生きていこう、って思うようになりました(^v^)。
 


2.今の日本人に言いたい事

★言いたいこと・・・。

 うーん・・・・・・・。

 言いたいこと。

 うーん・・・・・・。


 自分のよさをしっかり認めて、

 ほかの人に思いやりを持っていきましょうね!

 って、ところでしょうか。




3.日本が好きですか

★考えたことありませんでした(^v^;ゞ)。

 そうですねー、

 はっきり言って、とっても治安のいい国なので、

 安心して暮らせるところが大変ありがたいです。


 それと、戦争をしていないので、
 
 毎日安心して生きていけるところもありたいです。


 それから、いちおう、みんな義務教育が受けられるところもありがたいと思いますし、

 ちゃんと、それなりに、だいたいの人が、

 栄養も取れて、寝るところもあるのがありがたいので、


 かなり恵まれた国だと思います。


 それに、ほとんどの人が、

 貧しい国の人よりも、はるかに豊かな生活をすることができます。

 そういう意味で、

 とても便利な暮らしやすい国だと思うので、

 それを考えたら、好きですね。


 たくさんの人と接することができる、というのも魅力だと思います。

 アフリカに生まれていたら、

 自分の村の人くらいじゃないかなーと思います、接するのが。

 でも、日本という豊かな国に生まれたおかげで、

 こうやって、インターネットとかで、
 
 いろいろな人に接したり、

 いろいろなことを知ることができます。

 あと、遠くの地域にも交通手段を使っていくことができます。

 海外を知ることもできるし、

 宇宙について勉強することもできます。

 うーん、なんだか、本当に、かなり恵まれた国だと思います。



2.まわしてくれた人へメッセージを

レイジイさーん、

いつも、ブログに訪れて、コメントを残してくださって、

どうもありがとうございます(^v^)!!


そして、ブログでも、私のブログを紹介してくださって、

本当にありがとうございます!!

私もコメントつけてるので、

見てくださいね♪


それなのに、私は、

自分の時間管理の都合で、

レイジイさんのところに毎日行ってなくって、

申し訳ないなーと思っています。


似合うものの話とかは、

あんまり興味がないかもしれませんが(^v^)、

一応、そういうのに興味のある方にぜひ読んでもらいたかったので、

期待はずれになってしまってたらすみません。

またちょこちょこ、そんな話も書くと思います(^v^;)。


では、では、本当にいつも、

温かく見守ってくださって、

ありがとうございます(^v^)。




3.次の人への質問を3つ考える

ひゃー、なんにしよう・・・!
 
うーん・・・・・・・・・・・。


3つもかぁ。(笑)


@あなたが一番幸せだと思うときは、どんなときですか?

Aあなたがいちばんつらいと思うときはどんなときですか?

Bあなたが、自分のところでいちばん好きな性格はどんなところですか?
(性格といっても、こんなことをした、っていうのもありです♪)

う〜ん、これは聞いてみたいですね♪



4.バトンをまわす人を3人決める

さ〜て、3人決めなくては・・・!


前みたいに、

コメントのはじめの3人を!

ということにしますと、


コメントを書いてくれなくなるかもしれませんので(笑)、

その最初の3人を除いた、

次の3人にご指名したいと思います。


えーっと、次の3人は・・・・、


まりりんさん、安吉さん、ゆる子さん、お願いできますでしょうか?



あ、でも、まりりんさん、前にもやってもらいましたよねー・・・。

だから、気が向いたら、でいいです。


って、言っても、ほかのお二方も、

気が向いたらでいいです(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 23:48| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

似合うもの

さてさて、似合うものについて書いてみたいと思うのですが、

その前に・・・・


いろーんな人が、いろーんなところで言われていることを、

まず、お伝えしますね。



あ、そうそう、そもそも、

なんで似合うものを探すのかって言いましたら、

少しでも自分の持ってる良さが、

ほかの人に伝わるからですよね。


もちろん、自分自身も気分がいいですしね(^v^)♪




で、その前に、

まず、姿勢をよくすることで、

印象が3割アップするそうです。


これは、どこかのHPか、メルマガで読んだのですが、

すみません、どれだったのかわからなくなってしまいました・・・。

本当にごめんなさい。




でも、姿勢をよくするだけで、

すごく格好よくなることは、

いろんな方が言ってらっしゃるので、

みなさんにもわかっていただけると思います。




あと、ほかにも、表情やら、

T.P.Oやら、

たくさん言われていることがありますが、

それは、結構たくさんのところで言われていますので、

今日は、

自分に似合うものを見つける、ということに絞っていこうと思います。




で、似合うって、

なんで似合うのかって言うと、


着ている物や、身に付けている物が、

その人の雰囲気と合ってるから、ってことですよね。



そしたら、まず、自分の雰囲気を知らなくてはならないってことですよね。


でも、これって、難しくないですか?


私の場合は、

かなり難しかったです〜。



自分では、「もしかしたら、女の子らしい格好のほうが似合うかも。」

なぁんて思っていた時期があったのですが、

あまりにもフリフリなものは、

はっきり言って、おかまのようになってしまいます。


よく考えてみれば、

コンピューターに男の人と間違われたことがあるくらいですから、

似合わなくて当然なのかもしれません(^v^ゞ)。



だからと言って、

メンズライクな格好をすれば、

これまた、おかしくて、まったく似合っていません。



それと、性格からか、

子供っぽい感じのものが似合いそう!

と友達は言ってくれるのですが、

実際には、浮きまくって、なんだか合っていない様子です(そういう服は好きなことは好きなんですけどね^v^)。



こんな風に難しいんですよ〜!



で、私がやったことは、

とにかく、鏡の前で、いろんな服を当てて見る、ということでした。


試着が簡単にできそうなところでは、

試着しまくりです(^v^)。



それと、

前にもご紹介しましたが、

パーソナルカラー診断も受けました!

これは、客観的にちゃんと自分に似合うものを教えてもらえるので、

似合うものを探すには、すごくいいと思います。



でも、そんなの受けるお金の余裕がないよ!という方も、

結構多いと思いますので、

私からは、やっぱり、試着と、鏡の前で(全身映る鏡)合わせて見ることが、

いちばん、有効かなーと思っています。



でも、

それだと、ものすっごい恐ろしい時間と労力がかかります(^v^;)。

何年もかかると思います(実体験上)。

まぁ、その分、ちゃんとどんなものが似合うかわかってはきますけどね。


でも、主観が入ることがあります。


こうなると、これがまた厄介なんですよねー。


友達と一緒に見てもらったとしても、

あんまり本当のこと、言ってもらえませんよね(^v^)。


そこそこ普通だったら、

「いいんじゃないの。」ということになりそうです。


それに、好きなものだと、

似合ってるって錯覚してしまいます。


そういう面では、

パーソナルカラー診断はお勧めです。

でも、ピンからキリまであるので、

よーく考えて吟味した上で選ばないと、

後悔する、ということも結構あるようです。



で、私はこのページの一番右下にある本がとっても参考になりました!

こちらです。



で、そこから、

少しご紹介いたしますね♪


で、雰囲気って何によってつくられているのかって言うと、

「かたち」になります。


これまたいろんなところでも言われていますが、

この本でも、

「自分をよく見つめること」が大事だといわれています。




そして、この「かたち」のコンセプトとして、

3つの要素が挙げられています。

そして、そのうち2つの要素が、顔と体に分けられます。



そのうちのひとつが、

「アウトライン」です。



では、どうやって、自分のアウトラインを見るのか。



もちろん、自分でぱっと見て、こうだな、と思うものはあると思うのですが、


意外と、いろんな要素が交じり合っていると思います。


そこで、この本では、

一つ一つチェック項目を作ってくれていて、

客観的に自分を見つめられるようになっています。


それぞれ、顔と体の分野で、

アウトラインチェック

○○チェック

□□ちぇっく


という風にそれぞれに、いくつかの質問が用意されていて、

かなり詳しく見ることができます。



これらの診断結果を基にして、

どんな生地や、柄が似合うのか、

どんなデザインのものが似合うのか、

などがわかります♪



しかも後ろのほうには、

顔型別に、似合う髪形と、似合うめがねまでちゃんと載っています。



私、この本、本当にお得だと思うんですよ。


しかも、ちゃんと、なんでそれが似合うのか、

という説明までしてありますので、


自分の場合はこうかな、というのが考えたら、

ちゃんとわかると思います。


本当にこんなお得な本はないと思いますので、

自分自身で、似合うものを見つけたい!

と思っている方には、ものすごくお勧めの一冊です。



ちなみに、ほかにも、

似合うイヤリングや、襟、襟のカッティング、ネックレスやブローチ、

袖つけやら、袖口、裾、シルエット、模様、バッグ、靴などまで、

ちゃんと載っています。




では、この本の中の、顔のアウトラインチェックの中のひとつとして載っているのをご紹介しますね。

この項目は、そのままですが、
(全部で顔のアウトラインチェック項目は5つあります。
 ほかのは、結構細かい部分を見ていきます。)

顔の輪郭です。


顔の輪郭はどうでしょうか?


鏡を見てもいいですが、

主観が入ると思うので、

身近な人に聞いてみるのがいちばんいいと思います。


もしくは、写真などで、

ほかの人と比べながら見るのがいいと思います。



で、輪郭の何を見るのかというと、

角ばっているのか、

丸いのか、

その中間なのか


ということです。


この中間、というのもこれが、結構大事だったりします(^v^)。



さてさて、みなさんは、どうでしたでしょうか?



で、これだけでは、判断できないのですが、
(なんと言っても、5つある項目のうちのひとつにしか過ぎませんので・・・^v^;)

顔のアウトラインがわかったら、

何がわかるのかというと、


似合う襟と、似合う襟のカッティングがわかります。


角ばった輪郭の人でしたら、

襟のラインは、やはり、直線でできているライン、スクエアネックや、Vネックなどが似合います。


丸い輪郭の人は、

やはり、襟のラインも丸みがある曲線的なデザインのものが似合います。


中間の人は、

ほどほどのカーブや、ストレートなものなら大体似合う、とのことです。



でも、ほかの部分も見て判断しないといけませんので、

あくまでも、参考にしていただくという感じにしていただければいいと思います(^v^)。


ほかの項目も知りたいという方は、

ぜひ本を見てみてくださいね。



今回の顔の輪郭というのは、

顔のアウトラインを知る要素のひとつにしか過ぎなませんので、

顔の輪郭だけで、さっきの似合う襟のラインが決まるわけではないことをご了承くださいね。



ではでは、それをヒントに、

みなさんもいろいろ考えて、

自分を見つめてくださいね(^v^)。


posted by たんぽぽのわた毛 at 13:01| Comment(22) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

今日は似合う髪型のお話です♪

さて、さて、

本当は今日は、似合う洋服選びのポイントなどを書いていこうと思ってたのですが、

いろんな訳がありまして、

似合う髪型についてになりました(^v^)♪



実は、私、最近とり始めたメルマガで、

「15万人をカットした美容師が伝える今日から伝える髪情報」
http://search.mag2.com/reader/Magsearch?keyword=15%96%9C%90l%82%F0%83J%83b%83g%82%B5%82%BD
というのがあるのですが、

そこで、似合う髪型について、

とっても参考になる、

とってもお役立ち情報を手に入れました♪


これは!と思ったので、

さっそく、みなさんにお伝えしたく、

許可を得て、

ちょっと内容を御紹介したいと思いました♪



まず、片山さん(メルマガ発行者さん)が言うには、

「私たちは人物を見たとき、洋服に40%、等身と肩幅に30%、
ヘアスタイルに30%という割合で、その人のイメージを考えます。 」

なんだそうです!


確かに、そうですよねー、ヘアスタイルって、
すっごい大きいと思います。

ガラッと変身する時は、
だいたい、みなさん、髪型によりますよね。


で、なんと、今日はその似合う髪型の見つけ方の要素に、
「等身と肩幅」が関係あるというのです!!


これは、私はとっても興味深かったです。


似合うものを見つけるには、

イメージが大事だと思うのですが、

その似合うイメージ、自分のイメージを、

客観的に知る手がかりの一つを今日は教えてくださいました♪


まず、等身は、7頭身がイメージを分ける境目になるそうです。

7頭身・・・・。

私はあるかな・・・(^v^;;ゞ)?


今、鏡の前に走って行き、

見てみましたが・・・・・、

ありませんでした(笑)。


で、7頭身以上だと、クールな印象、
7頭身未満だと、ウォームな印象を与えるんですって!!

わぁー、そんなの知らなかったー!!って感じです!

私、6頭身くらいしかありませんでした。

ってことは、割にウォームな印象なんですね。


で、ここからが、またおもしろく、


次に肩幅を見るそうです。


7頭身以下の場合、

肩幅が狭いとハードな印象、

それだけで、顔が大きく見えるそうです(^v^)。


そうですね〜。

私、肩幅が実際より狭く見えるんですよー。

だから、なんか頭が大きく見えるんだわ(笑)。


で、7頭身以下で、肩幅が広いと、ソフトな印象になるんですって!

おもしろいですよね〜。


で、7頭身以上の方だと、

なんと、それが逆になるんです!

ここがまた驚きでした。


7頭身以上の方だと、肩幅が狭いほうがソフトな印象になり、

肩幅が広いほうがハードな印象になるんですって!


あと、顔の輪郭と肉付きが続きます。

丸顔ならウォーム、角ばってたら、ハードなんですって。


顔の肉付きは、どうやら、顔の盛り上がり(凹凸)のようです。
(違ってたらごめんなさい。)

盛り上がりの少ない顔はソフト、

その逆がハード、ってなるみたいですよ♪


う〜ん、こんなに見る要素があるんですねー。

私は、また、このメルマガの次号がとても楽しみです♪



みなさんもどうぞ参考にしてみてくださいね(^v^)♪


ちなみに、片山さんのHPはこちらです。
ご興味をもたれた方はどうぞ♪
http://www.infohair.jp/
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:09| Comment(21) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

なぜ似合うかどうかが大事なの?

前回日記で似合う紺色と白を取り上げてみましたが、

なんでそんなことを書いたかと言うと、

ほんとに、似合うものを着ているときと、

とくに似合うというわけでもないものを着ているときでは、

まるであなたの見え方が違っているからです!



私も、ちょっと違う格好をすると、

別人のように変わって、

「誰かわからなかった」とよく言われます。


それくらい、見え方が違います。



それで、せっかくみなさん、

素敵な個性を持って生まれてきているのですから、

ぜひともご自身の素晴らしさを発揮してほしいな〜♪と思ったからです。


それと、自然と自信が出てきます。


ずっと前のあるある大辞典でも、

お化粧をしているときと、していないときのその本人の気持ちがまるで違うという実験をしているのがありましたが、

本当に、自分が格好よく(かわいくや、きれいとか。)見えていると思うと、

ものすごーく自信が出てきます(笑)。


当たり前のことですが、

自信を持っている時って、

人って、プラス思考にもなりますし、

人に対しても優しくなれますし、

些細なことで、心が揺れるなんてことがなくなります♪

ちょっと器が大きくなったりします(^v^)。



それに周りの人も、

見ていて、なんかすがすがしい気分になります♪


わ、素敵♪


こう思えることは、人生に彩を添えますよね(^v^)。

そんな風に思わせてあげられるというのも、

なかなかいいことのように思います。

見ているほうは、ちょっとした幸せ気分をかすかですが、

味わえます(^v^)♪



私は、以前は、服装とかおしゃれに気を遣うのに、

ものすごく引け目がありました。


だけど、いろんな人から注意をされちゃいました(^v^;)。


きれいでいることは身だしなみ、

そんな風にも言われました。


うーん、そうなのかぁーと思い、

自分が人を見るとき、

どんな思いで見るかをちょっと観察するようになって、

確かに、外見に左右されずにその人のよさを見てあげること、

これは心がけていたことですが、

やはり、人間は、目からの情報に無意識のうちに左右されている部分があります。


それに、普段ぱっとしなかった人が、

その人に似合うものを着ているとき、

とても素敵に見えて、私自身もとてもうれしく思った、という経験もしました。



というわけで、

自分のためだけで終わっていないんだなーって思ったんです。


もちろん、自分自身が心地いいのには間違いないですが、

周りも心地いいんですね。



あ、そういえば、ちょっと話がそれますが、

今日、昼下がりの電車の中に、

あるおじいさんがとてもくつろいで、

気持ちよさそうにお昼寝?(座って上のほうを向いて目をつぶっていました)をしていました。


それを見た時、

私の心もなんだか、ほっとしたような、

暖かい春を感じたような気がします♪


こんな風に、

人に何かいい感じを与えてくれるものなんだと思ったんです。



それで、ちょっと、

似合うものについて書いてみたりした、というわけです(^v^)。


この似合うものシリーズは、

また書いていきたいな〜と思っていますので、

たぶん、また、そんな記事が出てくると思います(^v^)。



それでは、みなさんの素敵な個性が花開いているのを、

想像しながら、今日はお開きにしたいと思います(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 22:29| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

マリンカラー

さて、さて、

春になると、だいたいいつもマリンカラーが登場しますよね。

紺色と白です。


今日は、あなたに似合う紺色と白、を見つけてみたいと思います。



同じ紺色でも微妙に違う紺色があって、

あなたに似合う紺色もあれば、似合わない紺色もあります。

それと同じように、とってもよく似合う白があれば、

それほど似合わない白もあります。



さて、それをどうやって見分けるか、なのですが、

普通、似合う色っていうのは、

肌の色、髪の色、瞳の色で決まってくるものらしいのです。



簡単な分け方をしてみたいと思います。

人差し指の第一関節を、

もう片方の指で、ぎゅっと押さえてみてください。

人差し指の指先が赤くなると思います。



さて、その赤は、どんな赤ですか?



紫っぽかったりローズっぽかったりしたら(どちらかというと青みのある赤)、

クールベースになります。

オレンジっぽかったり、朱色っぽかったりしたら(どちらかと言うと黄みのある赤)、

ウォームベースになります。



また、鏡で白目を見てみてください(自然光のもとでお願いします)。

白目が少し青みがかっていればクールベース。

白目が少し黄みがかっていればウォームベース。




で、このクールベース、ウォームベースって言うのは、

その人自身の基調をなしている色が、

冷んやりとした感じなのか、

温かい感じなのかを表しています。



そうすると、当然、

クールベースの人は、冷んやりとした色のほうが調和して、

その人自身をきれいに見せることができますし、

ウォームベースの人は、温かみのある色のほうが調和して、

その人自身をきれいに見せることができます。



だから、同じ紺色でも、

自分の色調とあった紺色を選んだほうが、

よりいっそう美しさを際立たせることができます!



それから、軽い感じなのか、

重い感じかもわかっておいたほうがいいです。


黒と白、どちらのほうが、人からの評判がいいかを聞いてみましょう。


白のほうなら、軽い感じが似合う人。

黒のほうなら、重い感じが似合う人です。




さて、それでは、どんな紺色が、自分をきれいに見せてくれるかを、

「成功する色の秘密」(鯉江園子著 学研)より、

ちょっと引用させていただきますね。






ウォームベースで、軽い感じの人は、

「ウルトラマリン」のような、ブルーに近い、明るくライトな紺色が似合うそうです。
(浅めの紺色)


ウォームベースで、重い感じの人(深みのあるタイプ)は、

こっくりとした深みと温かみのある「インディゴブルー」が◎。だそうです。
(ほんの少しだけ緑が混じったような濃い紺色です。)

クールベースで、軽い感じの人は、

発色を抑えたような、涼やかさのある「グレイッシュネイビー」がいいそうです。
(少しスモークがかったような感じの紺色)

クールベースで、重い感じの人(深みのあるタイプ)は、

パキッとした強さのある、ダークな「ネイビーブルー」が似合うようです。
(かなり濃い紺色)



さて、お次に白ですが、

ウォームベースの軽いタイプは、アイボリーがいいと言われています。

ウォームベースで、重いタイプは、牡蠣の色のような生成り色が調和するそうです。

クールベースの軽いタイプは、一般的な白、オフホワイトです。

クールベースの重いタイプは、もう漂白剤を使って真っ白にしたような、
本当に冴えた感じの、何のまじりっけもない真っ白が似合います。




ただ人間は、本当にいろんな要素を複合的に持っていますので、

やっぱり、試着して、しっかり確認するのが一番、確実ですので、

無駄な買い物をして、後悔しないためにも、

必ず試着をして、確かめてみることをお勧めします♪



買い物をする時は、とくに、

ちょっとでも迷ってたら、やめておいたほうがいい、というのが、

私の経験からの持論です(^v^)。



それでは、ちょっとでも、お買い物の時の役に立てていただければ、

幸いです(^v^)♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:00| Comment(16) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

あなたに似合う色かもしれない?!

実は、灘中生の日記http://ameblo.jp/62tengu423karasu/から、

こんなのを見つけました!


こちらです。
イメージカラー診断というものです。↓
http://webmania.jp/~todome/


似合う色というのは、

肌の色、瞳の色、髪の色で決まるものなんですね。


しかし!

それがどうやら、DNAに関係しているらしく、

その人の性格にも大きく関係しているんです!


そして、このイメージカラー診断は、

似合う色とは、もしかしたら、全然関係ないのかもしれませんが、

もしかすると、関係しているかもしれないです♪



なぜかと言うと、

私のこの診断結果は、この文字の色だったのですが、

この色にすごくよく似たセーターを着ているときに、

よく似合う、と何人かの人から言われたことがあるんです♪


それで、あながち間違いでもないかなー?

と思ったので、載せてみることにしました♪


と言うわけで、

参考程度に、みなさんもぜひお試しくださいませ♪



また、自分に似合う色と、どうだったかなども、

教えていただけましたら、

幸いです(^v^)♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 02:04| Comment(15) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

パーソナルカラー♪

みなさんは、ご自身に似合う色、似合わない色があるというのを御存知ですか?

たぶん、知ってらっしゃるとは思いますが(^v^)。


ほんと、見違えるほど似合う色と、
似合わない色では、

自分の見え方が違ってきます。


別人のように見えます。


で、これは、何色が似合う、というものではなくて、

たとえば、赤なら、赤でも、どんな赤が似合うのか、ということなんです。

青や緑、黄色とか紫なんかでも、
すべておんなじように、
同じ色でも、どんなその色が似合うのか、というのがあるんです。


赤がよくたとえられてて、

たとえやすいので、赤で説明すると、


黄色みがかった明るい朱色みたいな赤もあれば、

ワイン色みたいな赤もあるし、

真っ赤とよく言われる赤もあったり、

くすんだ感じで薄い赤なんていうのもありますよね。


その人がすっごくきれいに、または、かっこよーく見える赤というのがあるみたいです。


洋服を選ぶ時は、

必ず試着して、

自分がきれいに(かっこよく)見える色を選ぶといいと思います♪



自分がきれいに(かっこよく)見えると、

なぜか、自分に自信がもてたりする効果もあります(^v^)。

これって、なかなかお得だと思います。

自分も気分がいい感じになるし、

周りの人もなんだかいい感じで接してくれます(^v^)。


みなさんも、

ぜひ自分に似合う色や、

自分に似合うデザインのものを身につけて、

人生を謳歌してくださいね♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:00| Comment(11) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

あなたも美しく!

「美しい唇である為には、美しい言葉を使いなさい。
美しい瞳である 為には、他人の美点を探しなさい」
by オードリー・ヘップバーン 


これは、私が読んでいるメルマガ(心理テスト こころマガジン 12号
)から抜粋したのですが、

オードリー・ヘップバーンは、

こんなことも言ってたんですね。


これまた、

私は真実だなぁ・・・と思いました!


外見を磨いている人は多いと思いますが、

外見は、本当に内面がにじみ出てくるものですよね。


ほんとに、

人に対して優しい味方をする人は、

目元が優しくなってきます。


逆に、

人に対して厳しい味方をする人は、

または、怒ったりすることが多い人は、

目元がきつくなってきます。



きっと、人のいいところを見ている人の瞳は、

きらきら輝いているのかもしれませんね♪


わたしは、本当にそうだと思います♪
posted by たんぽぽのわた毛 at 21:16| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする