2014年01月30日

美しさって


5年ぶりの記事です。

うまく書けるかなぁ…。


さて、今日は、

前々から思っていたことですが、

今日勇気をもって書こうと思っています。


美しさって、

やっぱり、いろいろと観察を重ねてきて思ったのが、

内側から滲み出るものだなぁ、ということでした。


もちろん、

私はパーソナルカラーアナリストでもありますので、

外側の工夫で、

美しく見せることができることを知っています。


ただ、それも、

もともとその人が内側に持っていたものを、

より際立たせている、ということです。


同じものでも、

綺麗に見せたり、

汚く見せたりすることは可能です。


もちろん、そういうのもあるのですが、

もうちょっと根本的に、

内面から滲み出て美しさってできているなぁ〜といつも感じることが多いです。


たとえば、

フィギュアスケートの羽生さんは、

とーっても、とーっても美しいと思います。


びっくりするくらい美しい何かが漂っていると思います。

お顔のつくりがとーっても美しいかというと、

失礼ながら、

とびきり美しいというわけでもないと思うんですね。

でも、ひじょ〜うに雰囲気が美しいと思います。



また、ある時、私、

階段を下りていると、

下から上がってくる人が、

下を向いていたのですが、

めっちゃくちゃ美しい雰囲気を漂わせていて、

まったく知らない赤の他人ですけど、

びっくり仰天(゚Д゚)したことがあるんです。

びくっ!!としました(^^)。


ただ、お顔をそのあと見ましたが、

ごく普通の顔のつくりの方でしたが、

本当に驚くぐらい美しかったんです。


そして、きれいだな〜と見惚れる人の顔をじーっと見ながら、

(写真などで有名人の方が写っているのを見るのですが)

なんで美しく見えるのかなぁ???

と観察していると、

やはり、優しそうであったりとか、

何かしっかりとした情熱を持っていそうであったりとか、

その人の長所のようなものを感じさせるからなのだな〜、と思うようになりました。


そして、あんまり美しくないなぁ〜と思う人のお顔は、

どんなのかな〜?と観察していると、

怒っているようなお顔に見えるなぁ、とか、

なんだか不満が多そうなお顔に見えるなぁ、とか、

そういったものでした。


ですから、

自分の心の中を、

いつも優しくしていたり、

いつも希望を持つようにしてみたり、

そんな風にして磨いていると、

きっとそれが表に現れてくるんじゃないかな、と思うようになりました。

何となく、それが雰囲気として滲み出るんじゃないかな、と思いました。


私も気を付けないと、

仕事中に何か、いやだなぁ〜と思うようなことがあってそんな風に思ってると、

とっても不細工に見えていると思います(^^ゞ)。

何か雰囲気が醸し出されるのだと思います。


そんなわけで、

綺麗になろうと思ったら、

やっぱり自分の心の中を、

綺麗にしておく、

美しくすることが、

きっと、外見の美しさへとつながっていくのだろう、と思います。


そうそう、

よく恋愛が充実しているとき、

みんないつもより美人に見えたりしますよね(^^)。


あんな感じかな、と思ったりもします。


綺麗になりたいから、

心の中にあんまり不満はためないでおこう、

そう思ったのでありました(^v^*)


きっと努力は叶うはずです.。.*・゜☆

と信じたいと思います(^v^)♬



後で気づいたんですが、

なんか前にも似たような記事書いてましたね。

まぁ、より一層、

綺麗になるには、

心の中で何を思ってるかが大事、っていうのが、

よくわかるようになってきた、ってことです(^^)。


そういう風に受け止めていただければ、と思います♡
posted by たんぽぽのわた毛 at 23:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。