2006年11月18日

心の見えないところ

前回は、見えない所の汚れについて書きました。


今日は、心の見えないところについて書いてみようと思います。




お部屋の見えないところと似ていて、


心の見えないところにも、


実は、ゴミみたいなものがあったりします。



お部屋とおんなじで、

心の中の見えないところにゴミがあると、

当たり前ですが(^v^)、

もやもや、すっきりしない状態になります。



「こんな風に思ってはいけない」



そう思うことって、

たぶん、誰でもあると思うんです。




だけど、あんまり思ってはいけないことでも、

思う時って、当然ありますよね?




そうすると、

人間って、無意識のうちに、

自分の見えないところに、

こっそりその感情を追いやってしまうんですって。



そして、これが、なんだかよくわからないけど、

すっきりしないなー、ってな状態を作り出すわけです。




お掃除をしているとですね、

そういうものがあぶりだされると言うか、

汚れと面と向かって、

それを取り除いていくからすっきりするんですよね。




なぜなのでしょうか、

心と行動って、見えない何かでつながっているみたいで、

そういう行動をとっているうちに、

自分の心と向かい合うことができるようになってくるんですよね。




汚れは毎日溜まるものですよね。



放っておいたら、どんどん、どんどん、溜まっていきますよね(^v^)。




どうやら、心の汚れも、

それにちょっと似ているみたいです。



目の前に起こる出来事に、

埃のついたメガネで見るような感じ、

とでも言いましょうか。



ほうっておくと、

同じ出来事でも、

なんか悪いほうに捉えてしまうふしがあるように思います。



たとえば、

誰かが、元気がなくって、

受け答えも、あいまいな感じだったりしたら、

それが、どうも自分に対してあんまりいい感情を持っていないんじゃないかな?

と思えたり、というような感じです。



自分が心の奥に持っている感情が、

そのまま、ほかのものに投影されるんだそうです。



だから、見えないところに押しやられてしまった、

自分の感情もしっかり見て、

無意識から見つけ出してあげるといいみたいです。




たとえば、の話ですが、

誰々ちゃんのことを、いやだな〜、憎たらしいな〜と思ったとしましょう。



でも、そんな、「憎たらしい」だなんて、

そんなこと思ってるなんて思いたくないわけです、

どこかでそう思ってるわけです。



頭の上では、誰々ちゃんは、

まともな人だし、

そんなに嫌うほどでもない、と思っていたとしましょう。



だけど、いやなことされたら、

やっぱり、いやなわけです。



傷ついたりなんかしてるかもしれません。



だけど、自分の意識上では、

自分はそんな些細なことで傷ついたりするはずがないと思っているかもしれないです。


ものすごーく腹が立っているのかもしれません。




こういうネガティブな感情って、

あんまり認めたくない感情だと思うんです。



と言うか、

そう思ってしまう自分でいることで、

何か不都合があるからなのかもしれないですね。



よくあるのが、

子供が親に対してのケースです。



親から虐待されたとしたら、

子供は、親から愛されないと生きていくことができないので、

そういう感情を無意識の中へと抑圧しようとするみたいですね。



だから、本人に気づかれないうちに、

そ〜っと、無意識に追いやっちゃうらしいです。



でも、その無意識に追いやられた感情は、

なくなってしまったわけじゃないんですよね。



ちゃんと、そこにあるので、

時々、その影がちらちらしているんですよね(笑)。



なんとなく、よそよそしい態度になったり、

なぜか、いやなことを思わず言ってしまったり。




でも、ご安心を(笑)。



その自分が辛かった思いを、

自分で、こんな思いだったんだなぁ・・・・、


と、見つけてみてください。



あ、でも、その前に。



いけないこと、と思ったまま見てしまうと、

さらに辛いと思うので、



その前に、まず、思ってしまうことは、

人間だから、当たり前のことだし、

それは、埃が毎日溜まるのと一緒のようなことだと思うし、

どんなにいい人だって、

悪い思いが一切出ない人なんていないので、

それが普通だ、ってことを知っておいてくださいね。



自分が何をどう感じるかだけは、

誰がどうこう指図することではないですからね。



その上で、

あぁ、自分はこう思ったんだなーと、

他人事のように見てください。



他人事のように見るのがポイントです!!



これをそのときの感情にまた舞い戻って、

どっぷり浸かると、

えらいことになりますので(^v^)。




本当に、自分が何をどう思うかだけは、

自分自身で決めることができますからね。



今、この一瞬だけ、

楽しかったことや、うれしかったことをちょっと思い出してみてください。




って言われたら、

たぶん、できると思うんです。



おんなじように、

今、辛いことをひとつ、何か思い出してみてください。

って言われたら、

何か考えつくことができると思うんです。




すみません、話があちこちに散らばりまくってしまってますが(^v^;)、

今この瞬間の気持ちは、

自分で決めることができると思うんです。



それで、

どこかにあった、

マイナスな感情は、

いけないものとしてではなくて、

自分が過去に思ったものとして、

受け止めてあげてほしいな、って思うんです。



それで、自分を安心させてほしいと言いますか、

そう思ってしまった自分にも自分なりのいい分があると思いますし、

それにも、しっかり耳を傾けて聞いてあげてほしいな、って思います。



冷静に、

そう、いけないんだよ、じゃなくって、

冷静に、どういうことなのかな?という感じで、

聞いてみてもらったらいいかな、と思います。



そうすると、

なぜか、お掃除したときみたいに、

なかなかすっきりしてくると思います。



ポイントは、

自分の今の気持ちは、自分の自由になることをよく思い出して、

ほかの誰にもコントロールすることができないってこともしっかり頭に入れて、

自分は、本当はどんな気持ちでいたいのか、を考えること。




そして、他の人の気持ちを見るみたいに、

そのときの自分の気持ちを見てみる、ってことです。



自分で、自分を受け入れられると、

器が広がります(^v^)。

他の人も受け入れてあげられます。



ああしないといけない、

こうしないといけない、

と自分に厳しい人には、

他の人にも厳しい人が多いように思います。



もちろん、それはそれで役に立っている部分もけっこうあるので、

それもひとつの個性ではあると思います(^v^)。



でも、もっと楽に生きて、

他の人が楽に生きられるようにする、というのもありかな、と思います。




お部屋と一緒で、

時々、自分の心の、

見えていないところに目を向けるのも、

いいかもしれません(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 20:20| Comment(20) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、っていうかさっき、後輩から電話で相談を受けてたんですよ。。
たんぽぽさんの仰る通り「マイナスな感情をイケないものとしてではなくて、自分が過去に思ったものとして受け止めて」あげました。

そうすると、自分が過去(若かりし時)にツマづいた小石に今ツマづいてマイナス思考になってしまってる後輩に、昔の自分を見ました。
だから、トニカク安心させてあげようと色々な言葉で慰めたけど。。
「今この瞬間の気持ち」を「自分で」決めろ!が結論でした。
自分で決めるからこその人生ですから(^▽^*)
自分しか自分の言う通りになる人は居ないですからね。
自分を持つコトが大事ですよね。。
Posted by みかん屋ゆにおん at 2006年11月18日 23:42
こんばんはです☆

おかあしゃん、昔のいやだったことや、悲しかったことなんかをよく思い出したりするんですが、たいていのことって笑って思い出せることばっかりなんですよね。

そのときにいやだなって思って、すごく辛かったりしても、あとになって思い出したときに「なーんだ」って清算でできちゃうものなんですよね。

心の掃除かぁ。
本当にそんな感じですよね。



Posted by おかあしゃん at 2006年11月19日 00:23
★ゆにおんさん、

キャー、早速御相談でお使いくださって、

ありがとうございます!!

おっしゃるとおり、

自分を持つことって、

実際には、ものすごーく大事だな〜、と最近、

つくづく思っています。

意外と、他の人に合わせてしまうことが、

私の場合多々あったのですが、

他の人はどうなんでしょうね?

ゆにおんさんの後輩さんは、

ゆにおんさんの慰めで、きっと新しいパワーをもらってるでしょうね(^v^)♪
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月19日 00:26
★おかあしゃん、

さすが、おかあしゃん!

時間は、いちばんの薬だ、なぁんて聞いたことがありますね(^v^)。

繰り返し思い出さなければ、

ちゃんと自然と忘れていくようにできてるんですってね。

でも、全部笑い話にできてるってことは、

それだけ、おかあしゃんが成長されているっていう証拠ですよね♪
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月19日 00:29
心の掃除なんてしたら
きっと心が無くなっちゃうよ
心自体がごみみたいな
ものだからね(笑)
Posted by BOSS at 2006年11月19日 01:02
★BOSSさん、

それはないでしょうに(笑)。

ピッカピカに眩しく輝きますよ〜(^v^)!
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月19日 01:17
あ 勝手ながらリンク貼らせて頂きました。
ご確認の上 ご了承くださいませ
よろしくです!

破廉恥なBOSSでした。
Posted by BOSS at 2006年11月19日 01:51
★BOSSさん、

ありがとうございます!

確認させていただきました〜。

私はどなたのリンクもしていなくて恐縮ですが、

御好意に甘えて、ありがたく載せていただきます(^v^)♪
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月19日 02:05
■たんぽぽのわた毛さん、おはようございます^^

たんぽぽのわた毛さんの記事を読んでいて
ちょうど昨日の夜のことを思いだしました。
昨日は女だけの鍋パーティー、その中の10歳以上年上のベテランナースさん、
離婚経験ありなんですがすっごく前向きで頑張り屋さんです。
子供たちをしっかり育て上げたうえに、以前別れた旦那様が、もし転がり込んできても、笑ってご飯を作ってあげられるよ!と笑顔なんです。
恨みつらみはどこかへ昇華されてしまったらしい^^
そんなこんなの話の中で、私が心のどこかで10代の頃の父親のわがままなところを許してない部分があるって話したら、
「もうそんなことは忘れて、許してあげなさいよ。今がこんなに幸せなんだものね^^」
と優しく諭してくれました^^

そして今朝のたんぽぽのわた毛さんの言葉!
あ〜このことなんだな。。って思ったんです^^

私は父が大好きなのに、昔母親を苦労させたことや、
仲の良くなかった母方の祖母とのいさかいのことを
ずっと心のかたすみで責めてきたのだと思います。
そんなこと普段は忘れているのにふとした瞬間よみがえってしまって。。

でも、そろそろ心のお掃除の時期だったのかもしれませんね^^
父を責めたところで、母が喜ぶわけないし。
父にも父なりの子供にはわからない事情もあったことでしょう。
責める自分だっていい気持ちなわけがない。。
ちょうど、これを機会にお掃除済ませようかと思いました。
とってもいいチャンスを思い立たせてくれました。ありがとう^^
Posted by ゆる子 at 2006年11月19日 07:21
私は普段から自分の感情をあまり隠さないので
腹が立ったらその通り言うし
許せないことは許せないと口に出しちゃいます(^▽^;)
まぁそれは時と場合と相手にもよりますが・・・
でも「許す」という行為は難しいような簡単なような。
なかなかみんな出来ることではないけど
誰かを憎むって自分もしんどいものですもんね。
そういう感情を持ったときは
人を責めるほど自分はデキた人間か?と自問自答します。
みんな失敗して恥かきながら人生歩むわけですよね。
心の掃除、いい言葉ですね♪
Posted by ちゃちゃまんぼう at 2006年11月19日 11:02
★ゆる子さん、

ゆる子さんは、それでも、ちゃんと、

お父さんに対して、そういう感情を持っている、

っていうのをしっかり見つけられているので、

すごいなーって思います。

許せない、とかって、

なっかなかわかりづらかったりすると、

これが悪さを知らず知らずのうちにしてるんですよね(^v^;)。

私は、母親に対して、

優しいし、と好きだと思っていたのですが、

実は、私たちを捨てて家出してそのまま離婚してしまったことを、

ひどい!!と思っていたようなのです(^v^)。

でも、これが、自分ではわからないんですよね〜。

他の人から、なんか許してない、って言われて、

?、そうなのかな・・・。って思ってたんですけどね(^v^)。

だから、なぜか母親に対して、

とても辛辣な態度をとったりするってことがありましたー。

自分ではどこか、自己防衛しているような、

そんな感覚でした。

そのベテランナースさんは、本当に、よくいろんなことを乗り越えてこられた方なんですね!

ゆる子さんにとてもいい機会が巡ってきて、

本当によかったですね(^v^)!

本当に、不思議と、いろんな巡り合わせってあるものですよね。

あ、それで、他人を許すには、

自分がそう思ったことをしっかり受け止めて、

自分に、大丈夫だよ、という感じで、

自分を、包み込むような気持ちで受け止めることから始まるらしいですよ。

私も、もっと、もっと、自分を許して行こうと思います。
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月19日 19:33
★ちゃちゃまんぼうさん、

自分の感情を何でも隠さない、っていうのは、

素敵なことだと思います(^v^)。

他人を許すには、

自分を許さないといけないわけなのですが、

自分の言い分をしっかり聞いて、

優しく、自分を受け入れるような感じで、

そうやったんやね、と、他人になったつもりで共感していくのがいいみたいです☆

私も、まだまだ、自分で見つけられていないものを持っていると思うので、

たくさん許していきたい、と思います(^v^)。
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月19日 19:49
えっと、自分を許していきたい、ということです(^v^)。
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月19日 19:50
面白い表現で感心しています。
確かに潜在意識や先入観というのは、自分では気づいていない事が多いですよね。
この記事でなるほどと思いましたよ。
いつも新しい事を見つける事が出来るたんぽぽのわた毛さんのブログ楽しみです。
ただ何故か私のPCはここにアクセスが出来ないときがあります。
状態はアクセスした瞬間フリーズして動かなくなるんです。
原因が不明なんです。
なにか方法を考えないとと思っています。
Posted by れいじい at 2006年11月21日 07:05
★れいじいさん、

ひらがなになったんですねー(^v^)。

面白い表現だなんて、

そんな風に思っていただけて、大変ありがたいです!

それにしても、なんで、アクセスできないんでしょうね。

別にアクセス拒否とかはしてません(笑)。

あと、自分を許す、ということをメインで書いたつもりでいたのですが、

ちょっとわかりにくいかな、と思ったので、
また追加で書こうかな、と思っています(^v^;)。

なんだか、自殺する人が多くなってるみたいなので、

その辺のあたりの人に読んでもらいたいなーというのがひとつの願いでもあります。

でも、あんまりそういう感じじゃない人が読んだら、

コメントしづらい感じだと思いますが、いつも読んでくださってありがとうございます(^v^)♪

Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月21日 14:29
ストレスも貯まると体の具合が悪くなりますね..
軽度の鬱になってしまったときは...
ほんとに何をしていいのか分からず、
ご飯を作ったり着ていく洋服も決まらず、
イライラしたり...
もう駄目だって、いつも思っていました。

ある日、薬はもう飲むのは止めよう!

まぁ無事に暮らしていますけどね、

この間のクレームのお客様対応のとき、
自分の上司のフォローもなかったから
思い切り涙が出たんです。

それ以来、ちょっと空気が変わってきました。
ちょっとやさしくなったのです。

心の中のことを吐き出すことも大切ですね..

あれしなきゃ、これをしなきゃって思うのも
心を縛っている状態です。

少しづつ自分の心にゆとりを持って、
生活していこうって思っています。

うちがイライラすると闘病中のくりちゃん、
耳を伏せています。
動物のほうが敏感ですものね・・

いつ見てもいいことをいっぱい記事になさっているから、
感謝しています。
Posted by めいちゃんママ at 2006年11月22日 01:50
おはようございます☆

自分の心の中を覗くっていうのは
結構難しいものですよね
人のことはよく分かるのに自分のことは・・・
客観的に正視できなかったりね

私は ある時から
「良いお母さん」でいるのを止めました
「あほなか〜ちゃん だめなか〜ちゃんでいいや
あれもこれも どれも私 そのまんまを子供達に見せていこう」
って思った日から と====って楽になりました
子供達も その方がしっかりしてきたかな なんんてね
「こんなダメか〜ちゃん 助けたらなあかんわ」
そんな感じでしょうか

Posted by きらら at 2006年11月22日 10:19
なんだか、すご〜く納得しました!
よ〜く分かります
大きくうなずきながら読んでしまいました。

たんぽぽのわた毛さんは、
本当にいつも、忘れていた事を
思い出させてくれます(*^_^*)
いつもありがとうございます☆
Posted by 幸せおまけ箱 at 2006年11月23日 21:09
それとね・・・
人を憎んだり恨んだりするのもよくないです。
マイナスエネルギーを発散しているでしょう。

会社で嫌いな人と仕事をしてその人を
恨んだりしたりすると。。

相手に思わぬ怪我とか災いとか...

実際にあった話なのです。
Aさんは、Bさんのことが憎むほど嫌いで、Aさんは、
ノイローゼになって退職してしまいました。
Bさん、よく足の怪我をしていたのです。
お子さんまで交通事故になって..
運が悪いといえば、それでおしまいですが...

社内の空気もあまりよくなかったし..
自分の鬱以上にもっと鬱だったAさんでした。

私もはっきり言って、人を憎ます、羨まず、
あったかい人になりたい!!

ストレス発散して心の掃除を心がけます。

Posted by めいちゃんママ at 2006年11月24日 14:48
時間をうまくとれずお返事遅れてごめんなさい!

★めいちゃんママさん、

とても大切なお話、教えてくださって、

ありがとうございます。

本当に、人を憎むとものすごーくエネルギー消耗してしまいますよね(^v^;)。

人の思いには、念力があると時々聞きますが、

本当にそうですよね。

自分を大切にすることは、

周りの人にとっても本当にいいことだと思いますよね☆


★きららさん、

ほんと、肩肘張りすぎると、

ピンと張った糸は切れやすい、

の通りですよね(^v^)。

ありのままの自分で、のびのびと生きることが、

本当に幸せですよね(^v^)。

でも、おっしゃるとおり、

自分の心って、

見えにくいんですよね〜(笑)。

私も、自分の心、いっぱい見つめていきたいと思っています♪


★幸せおまけ箱さん、

納得していただけて、光栄です(^v^)。

ちょっと言いたいことが、ばらばらしてしちゃってますが、

そう思っていただけて、

ありがたいです♪
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年11月24日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。