2006年05月25日

小さなものが勝つ

この間、NHKのテレビ番組で、

「ダーウィンが来た」かなんか言う、

番組の終わりらへんを、

たまたま、ちらっと見る機会がありました。


そこで、これは!と思うものがありましたので、

紹介させていただきますね。




それは、ミツバチが、オオスズメバチに襲われるという内容のものでした。



ミツバチと、オオスズメバチの大きさの比は、

1:15くらいでしょうか?


あまりにも大きさが違っていました。



オオスズメバチが、

ミツバチたちの巣の中へ入って行こうとします。



すると、中から、何匹かのミツバチが、

「入ってくるな!」と、

飛び出して追い払おうとするのですが、


はっきり言って、

オオスズメバチから見たら、

ミツバチ、

本当に、恐ろしく小さいです。



オオスズメバチは、「そんなの、痛くも痒くもないよ」という感じで、

何の躊躇もなく巣の中に入ってきました。



中には、たっくさんのミツバチたちが巣にひしめき合っていました。


ナレーターが、

「このオオスズメバチが仲間を呼んだら、

 ミツバチたちは、卵から幼虫まで根こそぎ全部食べられてしまいます。」

と言っていました。



え〜、どうなるの?

もう、ミツバチたち、これ、食べられてしまうしかないんだな・・・、

と、ちょっと悲しい気持ちで見ていたのですが、




オオスズメバチが、

仲間を呼ぼうと思って、

お尻から匂いを出そうと、

お尻を振ったその瞬間に!



ミツバチたちが一丸となって、

そのオオスズメバチを覆い尽くしました!



わ〜!!


オオスズメバチが、ミツバチたちで覆われて、

おはぎのようになりました!



ミツバチだらけで、

オオスズメバチの一部たりとも見えません!



そして、なんと!

オオスズメバチは、あの世へ行ってしまったのでした。



これは、かなり、驚きましたねー。



オオスズメバチの体の殻?は、

とっても厚くて硬いので、

あんなかわいらしいミツバチの針なんかは、

まったく刺さりません(^v^)。

(ほんと、かわいかったです^v^。)




で、なんであの世に行ってしまったのかと言うと、

体温なのだそうです。



サーモグラフティで見ると、

ミツバチたちの胸の辺りがとっても高温になってるんですね。



怒ってるからですかね?



オオスズメバチは、耐熱温度?が、40度で、

それ以上高くなると、あの世行き、なのだそうです。



それに対して、ミツバチたちは、

50度なのだそうです。



そう、その時のミツバチたちの体温は、

ぎりぎり50度近くあったそうなんです。



私、これ、かなり、

かなり、衝撃でした。


そして、ミツバチたちの一生懸命さに、

何か心を動かされてしまいました。




あんなに小ちゃくって、

かわいらしくって、オオスズメバチの前では、

無力に見えるミツバチたち。



それが、自分が死ぬかもしれないような高温になって、

みんなで一丸になって、

みんなを守る?



すごいなー!と思いました。


とても勝てない敵に見えるものでも、

こんな風に、自然界って、

やっぱり、不思議ですね。

勝てるんですね。




そして、そのすぐ後に、

「プラネット・アース」という番組が始まったのですが、

そこでも、

確か、カワウソだったと思います。



カワウソが、ワニに襲われるシーンがありました。

ワニなんて、ほんと怖いですよね〜。



大きな怖い口をあんぐり開けて襲い掛かるのですが、

カワウソたちは、

これまた、一丸となって集まって、

「キー、キー、キュピー、キュピー!!」

とみんな、きゃっきゃ、きゃっきゃ、声を上げて、

ワニに「あっち行け!」と言っていました。



ワニに比べたら、

ほんと、カワウソも、とても小さくて、

かわいい動物だと思うのですが、


なんでなのでしょうね?



うっとうしかったのでしょうか(^v^;)?


なぜか、ワニは退散していきました。




これまた、ミツバチの例を見たばっかりだったので、

大きくて、勝てっこないように見える相手でも、

こんな風に、勝つ方法、っていうのがあるもんなんだなーと思いました。



これが、自然界にある、というのが、

すごく興味深かったです。



とにかく、小さくても、

とても勝てると思えないような大きな相手に勝つこともある、

こんな法則が自然界にある、というのが、

私には、今までの自分が持っていた概念を変える、大きなもののように感じられました。



小さなものは、小さなものなりに、

ちゃんと生きていく術を与えられているんだな〜と思いました。



そうすると、私たち人間も、

自分の非力さを感じたときには、

そんな自分なりのやり方、っていうのを考えたら、

きっと、うまくいく何かがあるんだろうなー、と思いました!
posted by たんぽぽのわた毛 at 23:17| Comment(20) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たんぽぽのわた毛さん、こんばんは。

ミツバチの巣を守りたいという一心不乱の一途さが、体温を上昇させて、オオスズメバチを落とす力になったのでしょうか?身体は小さいけど、体温は高い!みたいな、劣っている所はあっても、ただひとつ、オオスズメバチの弱点には勝てる。
人でもきっと。。。
誰もが出来ることなのに、自分には出来ないことがあっても、自分なりに克服できる方法を持っていると思います〜★
Posted by 青京 at 2006年05月26日 01:02
こんばんは(^∀^*)
小さな生き物も、自分を守るため、自分の仲間を守るために、一生懸命がんばるんだ…と思ったら、じ〜んとしちゃいました(*´∇`)ノ
わたしも大切なひとのためにがんばらなきゃなあ…なんて思ってしまいました。
がんばる力って、誰かのためだと強くなる気がします((*'∇'*)
Posted by 卯月 at 2006年05月26日 04:25
たんぽぽのわた毛さん、こんにちわ。
残念ながらそのテレビは見てなかったのですが、
記事の克明な描写で充分想像出来、又感動しましたました。
自然界というのは本当に不思議ですね。
自分達を守るために必死な生き物達。
今の日本人に必要な事かな思いました
Posted by レイジイ at 2006年05月26日 12:56
こんばんは!
そうなんですかぁ〜。
ミツバチのことも、カワウソのことも知らなかったです。
さすが、NHK(笑)ですね!
小さいものが大きなものに立ち向かうなんて、ビックリですね。
私も、もしテレビを見ていたら、小さい方がやられてしまうと思ってたと思います。
人間でも、スポーツなんかで、体が小さい人が大きな人にひるまず立ち向かう姿は素敵ですもんね〜。
でも、やっぱりワニには立ち向かえないですよね〜。
カワウソ、頑張りましたね(泣)
小さいながらも、皆で協力し合う姿も素敵ですね。
動物には本当に色んなことを教えられますね!
Posted by まりりん at 2006年05月26日 20:58
いつもコメントありがとうございます<(_ _*)>

自然界の生き物たちは

いかに子孫を残していくか( ̄-  ̄ )

で時に身を挺(てい)してでもそれに徹します。それは決して弱いと一般的に認識されている獣だけでなく、ライオンやトラでさえ自分たちの家族や仲間が身の危険にさらされている際は、一丸となって回避を探ります。

ただ人間と違うのは

理性や心情が強く働くか否か

なんですね。決して動物たちにもそれが無いとは言いきれない部分はありますが、それぞれが属している社会の中でいかにそれが重んじられているかが違いを産んでいるように思えます。

人間も広くみれば一種の動物。しかし常なる身の危険にさらされていない者がほとんどのために

危機感や、命の尊さ

を失っている風潮、特に昨今は見受けられるような気がします(;´〜`A``

我々こそ今一度そうした原点に返って見つめ直すべきなのではないでしょうか…

ってこんな時間に寝ようとしているヤツに諭されても何の説得力もないですよね(苦笑)
Posted by まるちゃん at 2006年05月27日 04:10
ミツバチさんは小さいけれどいっちょ前ですね^^
おはぎのような姿、その昔教育テレビで見たものを
思い出して背筋がゾゾゾとしました…
(夕は虫全般苦手です)
弱い生き物は群れて、強い生き物は過信しすぎて傲慢になり、多勢無勢にしてやられてしまう
というのは自然界だけのお話ではなかったですね。
折角人間には脳があるのだから
力技でどうにかするのではなく
もっと巧く知恵を使えばよいのに…
とか全く関係ない話題に発展させてしまいました。
この記事で、思い出すことがありまして…
Posted by at 2006年05月28日 03:20
またやっちゃった…
ゴメンなさい。
上の名無しの権兵衛は夕です…
Posted by 夕@rk. at 2006年05月28日 03:20
たんぽぽのわた毛さん、こんにちは。
小さなものが力を合わせて大きな力に勝つって
ほんとうに自然界にはまだまだあるのでしょうね。
動物って本来持っている力を出し切る知恵を持っているはずなんですよね。
窮地に立たされたときに、いかにその力を発揮することができるのか。。。
人間にもきっとその力があるはずなのに、
過保護な世界でどんどん力をなくしてしまっているのかもしれませんね。
でも、なくしてしまったのではなく、
持っているのを忘れているんだと思いたいです。
自分達にもきっとその力があると信じたいですよね。
私も実はNHK大好きなんです。視聴率をあまり気にしないでいいぶん、ちょっとマニアックだけど、すごい番組もありますよね。
みんなにも知ってほしいなと思ったりします^^
Posted by ゆる子 at 2006年05月28日 12:14
うーん まさに小よく大を制すって感じでしょうか?

体の大きな者や、資本力のある者だけが勝ち残る世の中じゃつまんないですもんね。

要は、頭を使え!ってことですよね。
Posted by cybercom at 2006年05月28日 12:57
ミツバチの映像私も以前何かの番組で見たことがあります。
アレ衝撃映像ですよね。「おはぎ」という表現、よくわかります 笑
生きるか死ぬか、自然界はほんとに厳しいですね。
Posted by ゆきマン at 2006年05月28日 18:51
★青京さん、

ほんと、そうですよね〜!

その人にしかできない何か!

これってあると思います!

そう思うと、なんだか素敵なことだなぁ〜って思います!


★卯月さん、

そうですね、誰かのためならがんばる力が強くなる!

そうかもしれないです!

私もじ〜んときました(^v^)!


★レイジイさん、

私も、レイジイさんのコメントを読んで、

さらに感動いたしました(^v^)。

ほんと、自然界って、すごいなーと驚くばかりです。


★まりりんさん、

そうですよねー、ワニ、怖いですよね〜(笑)!

ほんと、カワウソ、かわいらしかったですよ〜。

きゅっきゅっ、言ってるのも、
思わず笑ってしまいそうになるくらい、かわいかったです(^v^)。

でも、一生懸命な姿は、
やはり、人を感動させますよね。


★まるちゃんさん、

ほんっと、人間って、
戦争とか、そういった特別な環境のなかじゃないと、

生命の危機にさらされることってないですよね。

それがまた、とてもありがたくも思うところなわけですが。

まぁ、命の大切さ、とかって、

やっぱり、特別な体験を通してじゃないと、

平和慣れしてしまって、
なかなかつかめないものではあると思いますね。


★夕さん、

ほんと、ほんと、脳があるんだから、

智恵を使えばいいんですよね!!

私もすっごく同感であります!

自然界のまんまだけで生きてしまっては、
もったいない、と思います!


★ゆる子さん、

ほんと、NHKって、

いい番組作ってくれますよね(^v^)。

と言っても、そんなには見てないんですけど(^v^ゞ)。

でも、あのマニアックさ加減が、
とっても嬉しいですよね(^v^)。


★cybercomさん、

たしかに、何がどうなるかわからないからこそ、

この世の中の面白さ、っていうのがあるかもしれないですね(^v^)!!

私も、もっと頭を使いたいと思います(^v^)。


★ゆきマンさん、

ほんと、きびし〜いですよね〜(涙)。

私、ほんっとうに、動物に生まれなくてよかった・・・、って思います。

毎日、いつ殺されるかわからない恐怖に怯えながら生きるなんて、

耐えられないです・・・(^v^;)。

本当に、人間であることが幸せだな〜なんて思います。



みなさん、コメント、どうもありがとうございました!

みなさんのコメントを読んで、

さらに、また勉強になりました!!

いつもながら、時間がそれほどないので、
時間のあるときに、またみなさんのところにコメントに参ります!

時間がかかりますが、しばしお待ちくださいませ♪
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年05月28日 22:36
こんばんわ。
いつもコメントありがとう。

小さなものが勝つ!

良い言葉ですね。

まさに我々の会社の目指していることだと思います。

題名見てじ〜んときました。
Posted by ずっと成長し続けられる人のブログ at 2006年05月29日 00:03
自然界の不思議は。。想像をはるかに超えていますね・・感動以上に 驚きのほうが強いかもしれない!
見習わなきゃいけませんねぇ〜ほんと。。生きるということに対して・・
Posted by じょにぃ〜 at 2006年05月29日 00:55
 父がよくNHKの自然番組を観ているので、感慨深さもひとしおでした。人間でない生き物達は精一杯の力を尽くしながら生きていて、躊躇せずに命をかけてでも物事をやり遂げていて、真の意味で強いと思います(*^_^*)。
Posted by Mio at 2006年05月29日 23:56
★ずっと成長し続けられる人のブログさん、

会社が目指していらっしゃるところだったんですね。

題名でじ〜んときていただけて、光栄です(^v^)。

そして、会社の皆様も、

それだけがんばってらっしゃるんだなーと思うと、

とても温かい気持ちになれました!


★じょにぃ〜さん、

じょにぃ〜さんのコメントを見て、

涙が出てきました・・・。

私も、もっと真剣に生きなきゃ・・・、と思いました。

私、ちっとも真剣に生きてない!

なんか、そんな思いが出てきて、泣けました(笑)。

本当に見習わないといけませんね・・・。


★Mioさん、

そうですね!!

人間以外の動物って、躊躇しないで、

しかも命がけで、いっつも生きてるんですよね・・・。

確かに、躊躇しない、って、

すごく強いことだと思いました!



本当に皆様、コメントありがとうございます。

皆様のコメントに、すごく感動しています。
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年05月30日 01:30
たんぽぽのわた毛さん、こんばんは。

突然で申し訳ないのですが、「本名考察バトン」を受け取って頂きたい方として、勝手ながら、たんぽぽのわた毛さんを指名させて頂きました。
アンカーでも、もちろんスルーでもかまいません。
時間のある時にでもやってくださると嬉しいです!
よろしくお願い致します。
Posted by 青京 at 2006年06月01日 01:00
いつもコメントありがとう☆

こまめに見てくれているのは本当に嬉しいです。

これからも遊びに来てくださいね。

当然僕もブログ更新楽しみにしていますよ!
Posted by すっと成長し続けられる人のブログ at 2006年06月01日 01:25
★青京さん、

本名考察バトン?!

なにやら、とてもおもしろそうなバトンですね!
ちょっと、最近時間が作れなくて、
ブログ活動が滞っていますが、
必ず、そちらに参りますので、
しばし、おまちくださいませ〜!

そして、ご指名、どうもありがとうございます(^v^)。


★ずっと成長し続けられる人のブログさん、

どうもありがとうございます(^v^)!

ずっと成長し続けられる人のブログさんのブログ(?)は、

本当にためになるので、
ありがたいです(^v^)。



いつも御訪問してくださってる皆様!


ちょっと、時間がなかなか作れなくて、

せっかく来てくださったのに、

更新できていなくて、

すみません!!


これからも、ブログを書いていく予定にしておりますので、

どうぞよろしくお願いいたします!

もうしばらく、お待ちくださいね!
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年06月06日 00:26
たんぽぽのわた毛さん、こんばんは〜★

バトンを受け取って頂きましてありがとう!!!
ホント、時間に余裕のある時で構わないので、気にせず気楽にやってくださいね。

ブログもいつも楽しみにしていますが、マイペースでね〜
Posted by 青京 at 2006年06月06日 21:59
★青京さん、

励ましのコメント、ありがとうございま〜す!!

今からそちらにお伺いいたしまーす(^v^)!
Posted by たんぽぽのわた毛 at 2006年06月06日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。