2007年07月23日

美しさは、かたち?

突然ではありますが、

美しくすることにちょっと抵抗が、

どこかにまだある方って、

けっこういらっしゃると思うんです。


かく言う私も、ちょっぴりその口だったりします(^v^)。



で、ふだん、なんで綺麗になることはいいことなんだろ〜?

と考えてるのですが、



今日、ちょっと感じたことを書いてみたいと思いました。



私は、ずっと前から、

人間は、外見じゃなくって中身!!

っていうのを信奉してきたんですが、



それでも、外見が内面に与える影響っていうのもあるのを知って、

だから、綺麗になることはいいことなんだ、って自分に言い聞かせてきたのですが(^v^)、



だけど・・・・、

本当のところはどうなんだろう・・・?



と今日、考えていました。



綺麗さっていうのは、

もちろん、外の形を整えて、

ばぁーっと表に出てくるものですが、



たとえば、お化粧をしたり、

似合うよう服を着ることで、

別人のように美人に見えることがあります。



お化粧を落とすと、

誰だか分からない人もいたりします。




そういうのは、

もともとのその人を引き立ててくれてるわけですが、




その「もと」には、

やっぱり、その人がいるんですよね。




それで、その人がもともと持ってる形って、

やっぱり、内面が表れてきているんだと思います。




きつい感じで人を睨めば、

やっぱり、眼の印象はきつくなりますし、

(もしくは、真実を見抜こうと思って見ていると、

 目元が冷静な感じになったりしますよね。)



とっても優しい気持ちで何かを見つめれば、

目元はやっぱり優しい表情に変わります。




だから、知らず知らずのうちに、

内面ってにじみ出ているものだと思います。




だから、お化粧が上手で綺麗に見えている人も、

やっぱり、その人の内面の綺麗さが引き出されているんだと思います。




綺麗だけど、性格の悪い人。




確かにそう言われる人もいますが、

性格の悪い面が普段、前面に出ているだけで、

心のどこかに、

その人は、何か綺麗なものを持っているのかもしれないな、って思ったんです。

(もちろん、綺麗だけど、

 なんとなく怖そうな感じになってることもあると思います。)




誰にでも、どんな人にでも、

必ずいいところってありますので、

みんな工夫をしたら、

綺麗になれると思います。




だから、やっぱり、心を綺麗にしたら、

心を磨けば、

どうしたって、

それって表にもにじみ出てきますから、

やっぱり、綺麗になる一番の方法なんだと思いました!





だから、私は綺麗になる方法って、

自分のいいところをいっぱい発見すること、

それを発揮すること、

だと思いました。



そしたら、表情も、雰囲気も、

自然と綺麗に変わっていくんだと思います。



やっぱり、心を綺麗にすることが、キレイの一番近道なんだな、

と一人納得していた今日なのでありました(^v^)。



そして、心を磨いて綺麗になって、

周りの人も気分よくなってくれれば、

こんなにいいことはないんじゃないかな、と思いました(^v^)。
posted by たんぽぽのわた毛 at 00:39| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする