2007年01月22日

誰からも好印象をもたれる色?

こないだ、本棚をじーっと見てましたら、

確か10年位前に買った本なのですが、

ベストカラー「色」を着こなす―もっと「素敵な私」に変身する本というのを見つけました。


この本の内容は、

そんなことあるわけないでしょうに!

というのが私のはじめの感想なのですが、



誰もが、似合う色というのは、

実は同じような色なのだ、というお話です。



似合うっていうのは、

その人の持ってる良さが、

ものすごーく前に出てくるっていうことです。

だから、そのおかげで、

すごく好感をもたれるようになります。



その似合う色っていうのは、

人によって、

違うものなんですよね。




ところが・・・・。

この本の著者の古賀けい子さんは、

その誰にでも似合う色って言うのは、

クールでソフトな色だとおっしゃるのです。




ここでいう、クールっていうのは、

前の記事にも書きました、

青みベースの色です。


青みベースと言っても、

もちろん!黄色や緑や赤、紫などもあります♪




最初は、青みベースのソフトな色が、

誰にとっても一番似合う色だなんて、

そんなことないって思っていたのですが、

本の中にも出てきますが、

確かに、地球は、外から見ると青いんです(^v^)。



と言うか、

遠くにあるものは、青っぽく見えます。



お山も近くで見れば、

もちろん、木々の葉っぱの緑に見えるのですが、

なぜか、遠く離れると、

薄い青色に見えますよね?



そして、人間もまた、

地球上にすむ生物のひとつですよね。



だから、人間って、本能的に、

そういう色と調和しやすい、ってことなんですね。



これだけだと、

私は納得しないのですが(^v^)、




私はパーソナルカラー診断で、

どちらかと言うと、鮮やかな色の方が似合うと診断されています、

3回とも。



確かに、顔映りは、くすんだ色よりも鮮やか目の色のほうが、

よくなるのですが、




だけど・・・、



なぜか、

顔映りとは別に、

控えめな、ほんのすこーしだけくすんだ色のほうが、

雰囲気がよくなります。

顔色は、やっぱり、少し鮮やか目の色のほうがよくなるのですが、

全体の雰囲気が、

どうも、控えめな少しだけくすんだ色のほうがよくなるんです。




だから、もしかして、

この古賀さんの言われていることは本当かもしれない!


と思ったのです。




それと、かなり個性の強い服を着ると、

内面がその個性と一致していないと、

なかなかその人の本当のよさ、内面が伝わってこないそうです。

逆に、よくわからない人という、

マイナスのイメージを植えつけてしまうとのことです。



地球は、青がベースの占める割合が多くて、

どうしても、ソフトで青っぽい色に対して、

人間は心地よさを感じるみたいです。



そのクールでソフトな色の中にも、

もちろん、ピッタリ似合う色と、身につけるのが難しい色というのは、

もちろんあると思います。

と言うか、そう書いてました(笑)。

そして、私も、そういう色の中に、

おっそろしく似合わない、ものすごく醜く見える色があるんですけどね(^v^)。




私には、まだまだわからないことではありますが、

もしかしたら、そうなのかもしれないなあ〜

(青みベースの色でソフトな色が、もしかしたら誰にでも実は似合うのかもしれない)、

と思っているので、

もしもそうなら、

ちょっとお役立ち情報なのではないかな?

と思って書かせていただきました(^v^)/


でも、本当に、人当たりのいい、

すっきり爽やかな印象は与えるんじゃないかなー?

と私自身も思っています。



↓下に載せた、だいたいこんな感じの色たちです。(もうちょっとくすんでてもいいかな?)

 (ほかにももっといろんなたくさんの色があります。)



posted by たんぽぽのわた毛 at 01:15| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする